いちごの唄|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いちごの唄

2019年7月5日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロックバンド、銀杏BOYZの楽曲をモチーフにした青春ラブストーリー。偶然の再会を機に、中学時代の親友の命日である七夕にだけ会うことを許された男女のせつない恋模様が描かれる。主人公の青年をフリーアナウンサーの古舘伊知郎の息子で歌手としても活躍する古舘佑太郎、ヒロインを『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石橋静河が演じる。

予告編・関連動画

いちごの唄

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

心優しき青年コウタ。親友の伸二は中学生の頃に2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守り、亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日にコウタと千日は偶然、高円寺で再会する。以来、2人は七夕に会い、環七通りを散歩するようになる。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り、会うのはやめようと告げる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
114分

[c]2019「いちごの唄」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

1.8
  • rikoriko2255

    ちょろめ

    -
    2020/2/14

    漂流教室最高
    石橋静河さんのこと好きになってしまったので他にも見てみようと思う

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    1.0
    2019/6/26

    とにかく主人公コウタの演技が、まるで舞台劇もしくはコントのようなハイテンションなため、終始ウンザリ。
    ヒロインの千日が淡々とした演技な分、余計浮き足立って見えてしまう。
    というかこの2人ホントに同級生か?と思うほど年齢感に隔たりがある。
    石橋静河は他の映画でもテンション低めの役どころが多いが、本作に至ってはそれがマイナスになった印象。

    コウタの衣装が年を重ねても変わり映えしないのは意図的な演出なのかもしれないが、それにしても現実味がない。
    劇映画ではなく、銀杏BOYZのショートフィルム形式のPVとかだったら、まだ収まりが良かった気もする。
    宣伝の売りにしているらしい「豪華キャストのカメオ出演」というのも、どうでもいい面子ばかり。
    いや、みうらじゅんは唯一豪華かもしれない。

    ただ、舞台の一部が以前住んでいた場所だったため、見慣れた光景が出てくるという意味で少々の懐かしさは感じた。

    違反報告