十二人の死にたい子どもたち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

十二人の死にたい子どもたち

2019年1月25日公開,118分
  • 上映館を探す

杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら若手実力派たちが豪華共演するサスペンス。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年の男女が、予期せぬ出来事の連続に疲弊していく。映画、TVドラマ、舞台など多岐にわたる活躍で知られる堤幸彦監督が、人気作家・冲方丁の同名小説をスリリングに映画化した。

予告編・関連動画

十二人の死にたい子どもたち

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

安楽死を求め、12人の未成年たちが廃病院の密室に集まった。ところがそこには13人目のまだ生あたたかい死体があり、突然の出来事に12人は戸惑うばかり。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはずであり、もしかしたらこの中に殺人鬼がいるのではないかと疑心暗鬼になっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
118分

[c]2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.6
  • フジ三太郎

    4
    2020/2/1

    シドニー・ルメットの名作を念頭においたミステリー&ヒューマニズム作品。
    脚本勝負の映画。
    十二人いると、どうしても、全員の背景を覚えきれないのが難点。
    だがともかく、ヘンリー・フォンダに相当する人物が、冒頭からいるので、話が暗くならないと想像がついた。
    設定ゆえ、存在感が薄くなったのは、お人形さんだった橋本環奈かな。
    逆にうざかったのは、杉咲花。型にはまりすぎ。黒島結菜はいつも通り。
    総じて女性陣は強硬派、男性陣は慎重論なのが興味深い。
    自分の存在は否定できても、他人まで否定できますか?が本作のテーマと思った。
    令和版ルメットになり得た作品。
    後味・・・言うとネタバレなのでここまで。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ちっちゃなきょぅじん

    3
    2019/7/22

    CMも、序盤の雰囲気も、ミステリー要素強めだと思わせる。
    しかし、提示された謎の種明かしは、若干入り組んでる割には、そんなことっ!?という肩透かし感が...。
    大枠のプロットも、根底のメッセージも、嫌いじゃない。
    だから、むしろミステリー感を煽らない演出の方が良かったかも。
    また、個々人が死にたい事情は、大半が回想や再現映像なしで語られるので、信憑性に欠け、若干感情移入しにくかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    5
    2019/3/26

    やっぱりワイルド・スピードは期待を裏切らないね! 全編息を飲むアクションの連続!! 車で氷の上を疾走するなんて考えられないよーーーーーーーーーーーーー!!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告