宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」

2019年3月1日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の全7章からなる続編の完結編。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、謎の敵ガトランティスの脅威にさらされ、再びヤマトで戦う事になる乗組員たちの姿が描かれる。『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏がシリーズ構成と脚本を手がける。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

あらゆる文明・生命を殲滅しようとするズォーダー率いるガトランティスが地球に迫り、これを阻止しようとするヤマトとの最後の戦いが遂に始まる。ガトランティスを滅ぼす力“ゴレム”を奪取するため、ヤマトは都市帝国中枢へと突撃。トランジット波動砲による攻撃は都市帝国に打撃を与えるが、ヤマトも反撃に遭ってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
松竹メディア事業部
上映時間
100分

[c]西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    ya

    5.0
    2019/4/14

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    1.0
    2019/3/2

    観終わって、「宇宙の法」かと思った。 脚本かこれをGOしたプロデューサー、「薬やってないか?」と不安に。 特に脚本の福井氏は(UCもだったが)、広げた風呂敷を畳むのに宗教ちっくにされても、それをこっちは求めてないって。 25話までは安定のダメ説明セリフ波状攻撃だったが、最終話はもう苦行でしかなかった。 設定マニアが、自分の作った設定につじつま合わせをすることを優先した、同人誌レベルの二次創作ごっこ。 僕の考えた「さらば宇宙戦艦ヤマト」、って感じ。 プロの物語づくりではなく、何をもって観客を感動させるかの仕掛けはやってなかった印象。 2199でのデスラーや古代の行動にまで遡って理由付けしてしまっていて、怒りがMAX。 料理人が作り上げた料理に、ゴミをぶちまけたような所業でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告