居眠り磐音|MOVIE WALKER PRESS
MENU

居眠り磐音

2019年5月17日公開,121分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々の時代小説で知られる佐伯泰英の人気シリーズを松坂桃李主演で初めて映画化した時代ドラマ。不幸な過去を背負い、故郷を離れて江戸で浪人として暮らす男が、巨悪に立ち向かうため、剣を手に取る。コメディから社会派ドラマまで幅広いジャンルを手がける本木克英がメガホンを握る。主題歌を人気歌手のMISIAが担当する。

予告編・関連動画

居眠り磐音

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

悲しい事件で2人の幼馴染を失い、許嫁を残して故郷の豊後関前藩を脱藩し、浪人として江戸で暮らす磐音。長屋の大家の紹介で昼はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き、礼節を重んじる優しい人柄は周囲の人々を魅了していく。しかし、幕府が流通させた新貨幣を巡る陰謀に巻き込まれ、悪に立ち向かうことを決意する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
121分

[c]2019映画「居眠り磐音」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    剣の達人でありながら、ほんとうに穏やかな主人公を演じる松坂桃李。
    殺陣の迫力は、見事のひとことに尽きます。
    にもかかわらず、限りなく心優しい主人公。

    ギャップが凄いのに、観ていてこんなギャップなど当たり前のことと、いつしか感じてしまうのが、演技の力であり、脚本の力であり、つまり映画の力なのでしょうね。

    これだけ人が死に、陰謀が飛び交うお話であるにもかかわらず、実はお話のメインテーマが純愛にあるという点など、恐れ入りましたとしか言えません。

    このような建て付けの外国映画だと、待ち続けてきただけの許嫁を演じる芳根京子は、きっとどこかに置き去りにされる損な役回りのはずですが、どっこい大きな大きな人間の哀しさを演じきっています。

    そんな主人公に片思いする木村文乃の演技の凄さと哀しさも必見です。

    江戸時代の武士道の極意書「葉隠」に、「恋の極意は忍ぶ恋にある。一生、相手を忍んで、思い死にすることこそが恋の本意だ」という意味の有名な文章がありますが、この葉隠の言葉が鮮やかに蘇る、そんな珠玉の作品でした。

    ぜひとも外国で、字幕で公開してほしいと思います。
    この日本精神の真髄に対する外国人の反応を見てみたいのです。

    まったく理解できないと彼らは言うのだろうか。

    でも、日本人であれば誰一人として、これほど素晴しい作品に感動しないはずがないのですけどね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2019/5/30

    【賛否両論チェック】
    賛:前半では磐音の背負う哀しみが、後半ではそんな哀しみを秘めた心優しい磐音が悪党と戦う姿が、痛快さ満点の中にも切なく描かれていくのが印象的。磐音の殺陣も特徴的で魅力。
    否:展開はご都合主義で、ラストもやや呆気なく終わってしまった感が否めない。

     まさにこれぞ時代劇といったお話です。前半は、理不尽な事件に巻き込まれ、竹馬の友を2人も同時に失ってしまい、しかも1人は自らの手で斬らざるを得なかった、磐音の哀しすぎる旅立ちの物語が描かれます。その壮絶な出来事が、その後の磐音の心優しい人柄に繋がっていると思うと、物語が非常に深く感じられるような気がします。
     そして後半は一転、江戸でしがない浪人として生きる磐音が、新貨幣流通に絡む陰謀に巻き込まれながらも、用心棒としてその実力を遺憾なく発揮していく姿が、観ていてとても痛快です。
     そんな普段は心優しく、いつもほんわかとしている磐音の、悪を前にした時のガラッと変わる圧巻の強さが、本作の見どころの1つでもあります。彼が刺客に言い放つ、
    「そなたに次などない。」
    っていうセリフがカッコよすぎました(笑)。
     ラストはややあっさりしている感もありますが、時代劇好きには必見の作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    馬ザップん

    3.0
    2019/5/23

    予告で期待が大きかったぶん、実写はイマイチかな。ストーリーが無理がありイマイチ。格闘シーンもイマイチ。もう少し期待を裏切るようなストーリーがあってもいいのでは。柄本明は何を言っているかよく聞き取れないし。MISIAの主題歌は良かったけど、画像に合わせたらもっとよかったと思うな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2019/5/23

    松坂桃李の殺陣はなかなかのもので、今後に期待できる。話の筋は割と単純だが、せめてもう1作続編が出ないと不全感が残る。脇役がいずれも名優ぞろいで、なかなか贅沢な作品だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.5
    2019/5/21

    松坂桃李の時代劇最高です。陰のある主人公やらせたら右に出るものはいないと思います。磐音シリーズが長く続いて欲しい。そして必殺シリーズもやってほしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/5/18

    かっこいい。
    原作のイメージより磐音がかっこよすぎて困ったくらい。
    小説原作で言えば1巻の内容。

    背が高くて細いから剣豪に見えにくいという欠点を、少々漫画チックではあるがスピードで補うという殺陣にしびれた。

    ストーリーも、『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』の木本監督らしいリズムのよさ。
    上手く原作を再構成していて、必要な要素だけを残していて出来がいい。
    すぐ続編が観たくなった。

    なにしろ、原作2~3巻に相当する続きで判明する、故郷で幼馴染3人を陥れた巨悪が野放しですから。

    51巻もあるので、シリーズ化希望です。

    違反報告