運び屋:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
運び屋
運び屋
4.0

運び屋

2019年3月8日公開、116分
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,392
  • みた
    805
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨匠クリント・イーストウッドが、麻薬カルテルの運び屋である90歳の老人を演じ、『グラン・トリノ』以来10年ぶりに自作で主演を務めた人間ドラマ。なぜ、たったひとりで10年もの間、麻薬カルテルの運び屋をしていたのか、驚きの事実が明らかになる。麻薬カルテルのボスをアンディ・ガルシア、麻薬取締局の捜査官をブラッドリー・クーパーが演じる。

配信で観る

ストーリー

孤独な90歳の老人アールは、商売に失敗し、自宅も差し押さえられそうになった時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。簡単な仕事ならと引き受けたものの、それはメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”という危険な仕事で、アールはそうとは知らずに仕事を始める。

予告編・関連動画

運び屋

予告編

2018/12/13(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
THE MULE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
初公開日
2019年3月8日
上映時間
116分

[c]2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[c]キネマ旬報社