キャプテン・マーベル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キャプテン・マーベル

2019年3月15日公開,124分
  • 上映館を探す

『アベンジャーズ』などから連なるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の1作となるアクション。アベンジャーズ誕生のカギを握る女性ヒーロー、キャプテン・マーベルの失われた過去や隠された秘密が明らかになっていく。『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルを演じる。

予告編・関連動画

キャプテン・マーベル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスのビデオショップに空から謎の女性が落ちてきた。通報を受けて駆け付けたシールドの若きエージェント、フューリーとコールソンは、宇宙の敵から狙われているという彼女の発言に不審感を抱く。そんな彼らを謎の敵が襲う。変身を繰り返しながら、女を追う敵の姿を目の当たりにし、フューリーらは彼女に協力するようになる。

作品データ

原題
CAPTAIN MARVEL
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間
124分

[c]Marvel Studios 2019 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/8/27

    マーベルコミックが生んだヒーローが結集する「アベンジャーズ」シリーズに連なる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の一作で、MCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント。アベンジャーズ結成以前の1990年代を舞台に、過去の記憶を失った女性ヒーロー、キャプテン・マーベルの戦いを描く。1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空からひとりの女性が落ちてくる。彼女は驚異的な力を持っていたが、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていた。やがて、その記憶に隠された秘密を狙って正体不明の敵が姿を現し……。後にアベンジャーズ結成の立役者となるニック・フューリーも登場し、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるヒーローの始まりが明らかにされる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/6/8

    こんな映画がみたかった。キャプテン・マーベルの強さはキャロルの人となりもあるだろうけど、境遇が彼女の強さを強固なものにしていったってのもあると思う。それは良いものじゃないけど、でも世界の半分あるいはもっと多くが、キャロルがぶち壊した彼女(彼女たち)への、偏見からくる抑圧や傲慢な“お節介”が見えるしよく分かると思う。踏まれてなお立ち上がるキャロルはめちゃくちゃかっこいいし、どうしたそんなもんかよ?みたいな所は好きにならざるを得ないって感じ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/4/21

    【賛否両論チェック】 賛:ド迫力のアクションの数々を通して、ヒロインの記憶の謎を解き明かす緊迫感や、自身の運命と対峙したヒロインの覚醒等、様々なドキドキを堪能出来る。種族を越えた友情も感動させる。 否:ヒロインの能力が強すぎるせいもあってか、ストーリーや演出は非常に荒唐無稽なので、好き嫌いは分かれそうなところ。最低限の予備知識も、あった方が楽しい。  「アベンジャーズ」を始めとする一連のマーベル作品の予備知識は、勿論あった方が断然面白いことは間違いありませんが、最悪単体の作品としても、充分楽しめると思います。  無限のパワーと可能性をその身体に秘めながら、記憶を失い、その謎を追いかけ続けるヒロイン・ヴァース。前半は彼女と同じ視点で、記憶の謎を追ってハラハラドキドキさせられます。そして後半は一転、明らかになった衝撃の真実に直面しながらも、己の運命と真っ向勝負を挑んでいくヴァースの姿が、非常に勇ましく爽快で、まさにカッコイイの一言に尽きます。  アクションも当然ながら超ド級の迫力で、息つく暇もないくらいです(笑)。ただ如何せん、本当の力に目覚めた時のキャプテン・マーベルが強すぎるので、そのパワーバランスには思わず興ざめしてツッコみたくなってしまうのも、やや難点でしょうか(笑)。  とはいうものの、佳境を迎えた「アベンジャーズ エンドゲーム」へと続いていく重要な作品ですので、アクション映画好きには必見の作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Sonam

    5.0
    2019/4/11

    面白かった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    TokyoElephant

    2.5
    2019/4/10

    ▼シナリオ: 2 - アベンジャーズ創設のきっかけとなった、キャプテンマーベル誕生の話 - 冒頭、ミスリードのためのスクラルとの戦闘シーンは、行動原理としてあり得なさすぎた(スクラル人の命が軽すぎる点は他にも見られる)。さらに修行フェーズがなく、一瞬で臨海突破するパワーにも疑問。また、クリー人たちも何故キャロルの力を抑制するだけだったのか謎だし、クリー人の外的政治力のなさにも違和感。珍しくツッコミどころの多いシナリオだった ▼役: 3 - フューリーお茶目回。眼帯の理由はまさかすぎる…。 ▼ルック: 4 - フューリーやフィル、グースなど、3D技術がナチュラルで感動 ▼音楽: 3 - 壮大 ▼レコメン: 2 - 必見!というよりスピンオフ感の方が強いかな

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/3/21

    強え~~~~!! こりゃ強えわ! キャプテン・マーベル誕生秘話に興奮して、 この限りないパワーの凄まじさに興奮して、 ブリー・ラーソンの可愛らしさにも興奮。 フューリーもコールソンも若くって ここから物語が始まるんだな~って ワクワク感と期待感で心臓バクバク。 何と言ってもキャプテン・マーベルの信じられないパワーに これならアベンジャーズを助けられる! さあ早く助けに来てちょうだい!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/3/16

    Stan Leeへの愛に溢れるオープニングで感動していたら拍手も起きてた。 登場シーンは、思わず一緒に深く頷いちゃう。 まだ、宇宙人の存在を地球人が認識していない時代なのね。 そりゃ、衝撃的よね。彼女の存在は。 途中どんどん強くなるし。何でも出来そうだし。アベンジャーズの隠し玉になり得るのも頷ける。 Jude Lawが凄くはまり役だったなぁ。ラストの当たりが特に。 後は、クラーケンが衝撃的だった。そりゃあ、彼らが敬遠する訳です。 アベンジャーズが早く見たくなります。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2019/3/15

    強すぎる。 すごすぎる。 彼女一人で、サノス倒せるんじゃね? 戦力不足を補って余りある、アベンジャーズには心強い助っ人ですわ。 あと、今年最強レベルの猫映画。 あー、猫かわいいよ猫。 観客みなで、猫の一挙手一投足、尻尾の振り方からゲロの吐き方まで固唾を飲んで見守ることになるとは。 それと、開始2~3秒、冒頭のロゴ「マーベルスタジオ」マークだけで泣けた。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を追っている人には、たまらない作りでしたよ。 この映画は、『アベンジャーズ エンドゲーム』を観る前には鑑賞マストですね。 さて、今回は次世代レーザーIMAX3D字幕だったけど、時間を作って2D吹替版を観に行かねば。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2019/3/15

    まずはオープニングのマーベルロゴで胸熱。 そして本編。とにかくキャプテン・マーベルが強すぎ。 パワーはあるわ、腕から飛ばすフォトンブラストは凄まじいわ、空も飛べて宇宙空間にも行けるわ、おまけにこれといった弱点も見当たらないわ状態。 もうサノスなんか彼女一人で倒せるのでは、と思わせるほど。 何でもありのインフレ状態になってきてるMCUだけど、こんなにパワーバランスの変動を激しくして大丈夫なのか。 劇中の「誰も信じるな」の言葉通り、物語展開にひねりが加わっている。勘のいい人は察しが付くだろうが。 某DCヒーローや、某長寿スペースオペラドラマにオマージュを捧げたと思わせるシーンも。 本作を観ずに、次の『アベンジャーズ・エンドゲーム』を観ても大丈夫な作りにして…いや、やっぱり観ておいた方がいいのかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告