希望の灯り:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
希望の灯り

希望の灯り

2019年4月5日公開,125分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、ライプツィヒ近郊のスーパーマーケットを舞台としたドラマ。27歳のクリスティアンはスーパーの在庫管理担当として働き始め、父親のような存在のブルーノや、謎めいた魅力を持つ年上女性マリオンと出会う。監督は、「ヘビー級の心」のトーマス・ステューバー。出演は、「未来を乗り換えた男」のフランツ・ロゴフスキ、「ありがとう、トニ・エルドマン」のザンドラ・ヒュラー、「僕とカミンスキーの旅」のペーター・クルト。2018年ドイツアカデミー賞主演男優賞受賞(フランツ・ロゴフスキ)。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

希望の灯り

予告編

2018/11/19(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

旧東ドイツ、ライプツィヒ近郊。内気で引きこもりがちな27歳のクリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)は、ある騒動の後に建設現場での仕事をクビになり、スーパーマーケットの在庫管理担当として働き始める。レジでの雑踏やフォークリフトなど、自分にとってまったく未知の世界に放り込まれた彼は、ルディ(アンドレアス・レオポルト)、職場で唯一ハンドパレットトラックの操縦を許可されているクラウス(ミヒャエル・シュペヒト)、ユルゲン、飲料セクションのブルーノ(ペーター・クルト)と出会う。クリスティアンに仕事のいろはやフォークリフトの操縦の仕方を教えてくれたブルーノは、クリスティアンにとって父親のような存在になる。クリスティアンは通路で、スイーツセクションの同僚で39歳のマリオン(ザンドラ・ヒュラー)と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。コーヒーマシーンのある休憩所がおきまりの場所となった二人は、親密になっていくが……。

作品データ

原題
IN DEN GÄNGEN
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
ドイツ
配給
彩プロ
上映時間
125分

[c]2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?