エセルとアーネスト ふたりの物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エセルとアーネスト ふたりの物語

2019年9月28日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「風が吹くとき」の原作者レイモンド・ブリッグスが両親を題材に描いたグラフィック・ノベルをアニメーション映画化。1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルは恋に落ちて結婚。2人は寄り添いながら、数々の苦難を乗り越えていく。声の出演は「秘密と嘘」でカンヌ国際映画祭女優賞に輝いたブレンダ・ブレシン、「パディントン2」のジム・ブロードベント。

フォトギャラリー

エセルとアーネスト ふたりの物語 画像1
エセルとアーネスト ふたりの物語 画像2
エセルとアーネスト ふたりの物語 画像3
エセルとアーネスト ふたりの物語 画像4
エセルとアーネスト ふたりの物語 画像5
エセルとアーネスト ふたりの物語 画像6

予告編・関連動画

エセルとアーネスト ふたりの物語

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルは恋に落ちて結婚。間もなくウィンブルドンに小さな家を構える。やがて、最愛の息子レイモンドが誕生。第二次世界大戦下の苦難の日々にも、2人は寄り添い、笑いあうことを忘れなかった。やがて息子も成長し、戦後の経済発展が進む中、静かに忍び寄る老い……。しかし、エセルの横にはいつもアーネストがいた……。激動の20世紀を生きた平凡な夫婦の40年に渡る温かな物語。

作品データ

原題
ETHEL & ERNEST
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
イギリス=ルクセンブルク
配給
チャイルド・フィルム=ムヴィオラ
上映時間
94分

[c]Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A.,The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2021/6/5

    一組の夫婦が恋をしてから亡くなるまでのストーリー。当時の日常生活や世界情勢が描かれ興味深いです。普通の人々が戦争に翻弄され鉄が没収され徴兵を命じられる。そして新しい電化製品が増えて生活が豊かになる流れとかどの国でも同じなんだなと思いました。
    いつか来る人生の終焉を静かに迎える事が出来る人は本当に幸せなんだろうな。羨ましいな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2019/11/7

    1928年から1971年までのロンドンで、カップルが夫婦となり、子どもを育てて、亡くなるまでの「普通の暮らし」を描くアニメーション。

    家財・照明・調理器具が時代とともに変わっていく有り様や、第二次世界大戦における戦争の対応(防空壕・ガスマスク)、朝鮮戦争での徴兵、歳をとり若者と価値観が乖離していく姿など、細やかな描写が実に素晴らしい。

    『この世界の片隅に』『幸福路のチー』、冒頭数分だけの『カールじいさんの空飛ぶ家』にも似た、「時代」と「生きていくこと」「愛すること」を見事に描ききった作品でした。
    おすすめです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/9/28

     「スノーマン」や「風が吹くとき」で知られる英国の絵本作家レイモンド・ブルッグズが自身の両親の人生を描いた絵本が原作のイギリスのアニメーションです。

     公開初日、初回で鑑賞したのですが、劇場の岩波ホールの支配人、岩波律子氏の上映前の挨拶で、岩波ホールの長い歴史の中で、本格的アニメーション作品の上映は、今作が初めてだと聞いて正直驚きました!
     また、今回もアニメーションにこだわったのではなく、上映したいと思った映画が、たまたまアニメーションだったとも言っておられました。

     その支配人のおススメどおり、イギリスの階級社会が明確だった1920年代から第二次世界大戦、戦後の経済発展や若者文化の到来、そして、月面着陸など激動の時代を生き抜いた「自然体」の夫婦の姿が感動的に描かれていました。

     その生き方は、激動の時代によってドラマティックになることはなく、あくまでも自然体であるため、1971年に二人が亡くなるときに、そこで初めて、静かな感動と人生のすばらしさを痛感することになります。
     
     そして、鑑賞した誰もが、なんとなく「やさしい」気持ちなれるのではないでしょうか?

     ちなみに画もとても暖かいタッチで物語に合っていました。
     
     

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2019/9/12

    「スノーマン」の絵本作家レイモンド・ブリッグズが自分のの両親をモデルにした作品の映画。最初あれ?アニメでないの?っていう出だしからびっくり。両親の出会いから最後に至るまでのストーリーも映像美もとっても丁寧に描かれていました。イギリス女性らしく?プライドが高い様子が垣間見れる奥さんの姿もちょっと笑えました。第二次世界大戦当時の苦難中でも庶民の立場で明るく懸命に生きてきた夫婦。イギリスの「この世界の片隅で」という感じかと思いきや、それだけでなく、その後の高度成長時代までずっと描かれていて、あぁ1920年代後半~1970年代の時代が一番大きな変化があった年代だったかもと改めて思いました。多くの電化製品などの普及でかつてないそして現代にもない程の成長し続けた世界経済。新たな製品で需要がいっぱいだった当時。現在では何でも品物ってあるし、もうこんな経済成長は今後ないかもしれないとも感じられました。苦難を乗り越えて生きてきた当時の人達が一番世界の成長を感じられたかもしれませんね。エンディング曲のポール・マッカートニーの歌声も良かったです。試写会当日は私の誕生日でした。素晴らしい映画の鑑賞をバースディプレゼントとして下さって本当に嬉しかったです。大感謝です。

    違反報告