パピヨン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パピヨン

2019年6月21日公開,133分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。

日曜21時はおうち映画館!名作とつながる「W座からの招待状」の魅力

衝撃作『新聞記者』テレビ初放送!「W座」とは? PR

WOWOWが映画ファンに必見作を毎週お届けする「W座からの招待状」。7月は映画賞総なめの『新聞記者』などをテレビ初放送!多彩なインタビューやコラムと共に、作品の裏側までじっくり堪能しよう。

予告編・関連動画

パピヨン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1931年、パリ。胸に蝶の刺青を入れていることから“パピヨン”と呼ばれていた男(チャーリー・ハナム)は金庫破りの天才だったが、ある日、身に覚えのない殺人の罪を着せられ、終身刑の判決を受けてしまう。送り込まれた先は周囲を海に囲まれ、脱出不可能な場所として知られる孤島、フランス領ギアナのデビルズ島。そこでは過酷な強制労働が科せられ、横暴な看守たちによって囚人たちは人権をはく奪され、ゴミのように扱われていた。そんななか、パピヨンは自由と希望を求めて脱獄を決意。だがそのためには、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。パピヨンは偽造紙幣で逮捕された男ルイ・ドガ(ラミ・マレック)に目をつけ、彼の身を守る事と引き換えに逃亡費用を稼ごうとするが……。

作品データ

原題
PAPILLON
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ=セルビア=モンテネグロ=マルタ
配給
トランスフォーマー
上映時間
133分

[c]2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/6/26

    刑務所、脱獄物は沢山有るし、スマートさを売りにする物も多いけど、これは真逆で、これ以上いたら駄目になる・・としか思えない過酷な中。
    復讐を願う訳じゃ無く、誰かが待っている訳でも無く、何を思ってあそこまで強くなれたんだろう・・
    友情・・何て綺麗事言うのは簡単だけど。

    無実だからこそ、自分を信じられたのかな。

    それとも、孤島の監獄は、彼にとってこじ開けたい鍵だったのかな・・

    兎に角、運が良くないと実現出来ない脱獄。そう考えると、最初の出会いから、彼は運が良かった。
    そして強くなれた。
    まぁ、ハメられて無実の罪被った時点で運は最悪なんだけど、その分その後が良かったのかな。まぁ、運を活かせたのは、殺さない・・と言う信条と、判断力だからね。

    絶望的で、息苦しいけど、再会シーンから脱獄までが素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/6/23

    ベストセラーになった自伝小説の映画化で、しかも映画としてはリメイクという。

    うーーーーん。
    悪くないんだよ。
    フラットに観れば、いい映画。

    実に頑張ってる。
    特に、ドガ役のラミ・マレックなんか熱演。
    (『MR. ROBOT』エリオット役、『ボヘミアン・ラプソディー』フレディ・マーキュリー役など)

    旧作を知らない人に、今の時代観てもらうという意図としては、よく練られた作品です。

    しかし、旧作を知ってると、比較対象が厳しい。
    スティーヴ・マックィーンとダスティン・ホフマンが共演した1974年公開『パピヨン』だもの。
    あれに比べたら、作品としても主役も、狂気が足りない。
    全体にあっさり。
    独房で発狂しない。
    食い物が足りないのを、ムカデやゴキブリを食って2年間生き延びるシーンはカット。
    島から逃げ出す潮流があっさり見つかる……etc

    本作は時代的に表現できる範囲が狭められているように感じ、劣化版を見せつけられてる気がしてきて、もったいないおバケな印象になってしまい。
    自分が、老害の一人になってしまった。

    邦画の『椿三十郎』リメイク版を思い出したりして。

    違反報告
  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    2019/6/13

    残酷な映画でした。刑務所内ので人権を無視した懲罰、そしてそれに立ち向かう主人公。実話とは信じられないほど惨いストーリーでした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2019/6/13

    原作小説と最初の映画版の脚本をエッセンスしたとあって、原作にあってオリジナル版では省かれた描写を活かしたり、オリジナル版の設定をそのままトレースしたりと、工夫を凝らした印象。
    原作では中盤でいなくなってしまうドガを、オリジナル版と同じく重要キャラにしたのは、やっぱりオリジナル版の脚本を手がけたダルトン・トランボのメッセージは外せないからだろう。
    刑務所の地獄描写はオリジナル版よりアップしてるかな、といった感じ。
    パピヨンが独房に入れられる件は、発狂ぶりが凄まじかったオリジナル版のS・マックイーンとは対照的に、C・ハナム演じるリメイクではひたすら静寂。

    細かい点でのオリジナル版との変更を嫌がる輩もいるだろうけど、リメイクにはリメイクなりの見せ方というものもある。
    ちょっと『ミッドナイト・エクスプレス』や『ショーシャンクの空に』っぽいシーンもあるが、個人的には及第点をあげてもいいリメイクだと思う。
    というか、原作も未読でオリジナル版も未見な人向けのリメイク、と言った方がいいかも。

    違反報告