小河ドラマ 龍馬がくる|MOVIE WALKER PRESS
MENU

小河ドラマ 龍馬がくる

2018年12月15日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「オケ老人!」の細川徹監督によるコメディー。2018年。『大型連続時代劇・坂本龍馬』に臨む武田鉄矢の前に、本物の龍馬が現れる。だが龍馬は現代で自分がカリスマとして扱われていることに困惑。劇中のエピソードを書き換えてしまい、現場を混乱に陥れていく。坂本龍馬を「映画 ST 赤と白の捜査ファイル」の三宅弘城が演じ、劇中劇で龍馬を演じる主演俳優役に自他ともに認める龍馬ファンの武田鉄矢が本人役で出演。共演はTV『チア☆ダン』の箭内夢菜、「私の人生なのに」の稲葉友、「サニー/32」の山崎銀之丞、「土竜の唄」シリーズの皆川猿時。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

明治維新から150年を迎えた2018年。自他ともに認める龍馬ファンの武田鉄矢は『大型連続時代劇・坂本龍馬』で人生最後の龍馬役に臨もうとしていた。だがそこへホンモノの坂本龍馬(三宅弘城)が、幕末からタイムスリップしてやって来る。誰よりも早く彼が本物であることに気付いた武田は「本物の龍馬にアドバイスをもらえば、今までにないリアルな坂本龍馬を演じることができる」と考え、龍馬に、誰も知らないありのままのエピソードを教えて欲しいと頼む。こうしてドラマの脚本は、本物の龍馬が語る“本当の”エピソードに書き換えられていくが、それはカリスマ龍馬のイメージを台無しにする恰好悪いエピソードばかりであった。そんな龍馬に翻弄されながらも撮影は続行。武田鉄矢や新人女優の箭内夢菜もそのエピソードに困惑するなか、果たしてドラマは完成するのか……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
時代劇専門チャンネル

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?