アガサ・クリスティー ねじれた家|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アガサ・クリスティー ねじれた家
アガサ・クリスティー ねじれた家

アガサ・クリスティー ねじれた家

2019年4月19日公開,115分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々のミステリー小説で知られるアガサ・クリスティーが“最高傑作”と語った小説を、グレン・クローズほか豪華俳優陣を迎えて映画化したミステリー。巨額の遺産を巡って起きた大富豪毒殺事件の真相に私立探偵が迫っていく。『サラの鍵』で第23回東京国際映画祭最優秀監督賞を受賞したジル・パケ=ブレネールが監督を務める。

フォトギャラリー

アガサ・クリスティー ねじれた家 画像1
アガサ・クリスティー ねじれた家 画像2
アガサ・クリスティー ねじれた家 画像3
アガサ・クリスティー ねじれた家 画像4
アガサ・クリスティー ねじれた家 画像5
アガサ・クリスティー ねじれた家 画像6

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若い頃に無一文でギリシャから英国へ渡り、レストランとホテルの経営で大成功を収めた富豪レオニデスが謎の死を遂げた。その孫娘のソフィアは元恋人で私立探偵のチャールズに事件の捜査を依頼。レオニデスの遺体から毒物が検出され、一族の誰かが祖父を殺したに違いないというソフィアの言葉に確信を持つが、調べていくと、レオニデス一家全員に殺害の動機があった。

作品データ

原題
CROOKED HOUSE
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA
上映時間
115分

[c]2017 Crooked House Productions Ltd. [c]キネマ旬報社

  • 泉
    3.0
    2019/5/8

    子役が上手いなぁ。名作物は、展開が分かっている分、演技を魅せるしかないもんね。分かっていてもイライラしたりハラハラしたりで振り回される。
    メイクや衣装や台詞とか時代独特な部分が、観ていて楽しかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • seapoint
    seapoint
    2.0
    2019/5/4

    富豪の主が殺された。
    共に暮らしていた身内一同への疑惑。
    よくある話だが設定はさすがの英国。豪邸というか城である。射撃も可能な広大な敷地。

    誰もが金銭目的で殺害する理由はあっても、それよりもっと単純な殺意理由。貧富に関係なく、現代見聞きするような理由。人間の心理は皆同じ。

    G.クローズが一番の個性なのだが、ラストによく表れている。
    J.サンズ、G.アンダーソン、C.ヘンドリックスと小粒に揃っているが彼女に匹敵は到底見えず。
    彼女の銃スタイルは様になっていた。

    しかしもう少しゾクゾク感が欲しかった。

    違反報告
  • tom
    tom
    3.0
    2019/4/21

    アガサ・クリスティー原作の映画化は好きです。
    犯人に繋がる絡み合った糸をひとつひとつ解いていって
    謎が解けた時のスッキリ感はミステリー作品の醍醐味です。
    今作品も他の作品と同様、登場人物が多数いて
    その誰もが怪しげで、誰が犯人なんだ?と思いながら
    最後まで目が離せず、推理しながらストーリーを追います。
    ネタバレになるので細かくは書けませんが
    犯人は意外な人物だったものの、
    なかなかスッキリとした感じではなかったかな。
    案外単純な謎で、物足りなさは残りました。

    違反報告