アガサ・クリスティー ねじれた家:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
アガサ・クリスティー ねじれた家
アガサ・クリスティー ねじれた家

アガサ・クリスティー ねじれた家

2019年4月19日公開、115分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々のミステリー小説で知られるアガサ・クリスティーが“最高傑作”と語った小説を、グレン・クローズほか豪華俳優陣を迎えて映画化したミステリー。巨額の遺産を巡って起きた大富豪毒殺事件の真相に私立探偵が迫っていく。『サラの鍵』で第23回東京国際映画祭最優秀監督賞を受賞したジル・パケ=ブレネールが監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若い頃に無一文でギリシャから英国へ渡り、レストランとホテルの経営で大成功を収めた富豪レオニデスが謎の死を遂げた。その孫娘のソフィアは元恋人で私立探偵のチャールズに事件の捜査を依頼。レオニデスの遺体から毒物が検出され、一族の誰かが祖父を殺したに違いないというソフィアの言葉に確信を持つが、調べていくと、レオニデス一家全員に殺害の動機があった。

作品データ

原題
CROOKED HOUSE
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA
上映時間
115分
製作会社
(企画:ブリリアント・フィルムズ)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2017 Crooked House Productions Ltd. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /10件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?