ばるぼら:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ばるぼら
ばるぼら

ばるぼら

2020年11月20日公開、100分、サスペンス・ミステリー
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

異常性欲に悩まされている耽美派の人気小説家・美倉洋介(稲垣吾郎)。ある日、新宿駅の片隅で、酔っ払ったホームレスのような少女ばるぼらと出会った美倉は、彼女をつい自宅に連れて帰る。ばるぼらは大酒飲みで自堕落な女であったが、美倉はなぜか彼女に奇妙な魅力を感じ、追い出すことができなかった。そんな彼女を近くに置いておくと不思議と美倉の手は動き出し、新たな小説を創造する意欲が沸き起こる。それは、あたかも芸術家を守るミューズのような存在であった。そんななか、美倉はエロティックで異常な幻覚に悩まされ、次第に彼の周囲は現実離れしてゆく。やがて、美倉はばるぼらとの結婚を決意するが、それは同時に破滅への入口であった……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
日本=ドイツ=イギリス
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
100分
製作会社
「ばるぼら」製作委員会(制作プロダクション:ザフール)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]Barbara Film Committee [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6 /38件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?