金子文子と朴烈|MOVIE WALKER PRESS
MENU

金子文子と朴烈

2019年2月16日公開,129分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大正期の日本に実在した無政府主義者・朴烈と金子文子の愛と闘いを活写する歴史ドラマ。1923年、関東大震災直後に広がった噂をきっかけに、日本政府は朝鮮人青年・朴烈と彼の同志で恋人の金子文子を逮捕。大逆罪で起訴された二人は歴史的な裁判に身を投じていく。出演は「探偵ホン・ギルドン 消えた村」のイ・ジェフン、「空と風と星の詩人 尹東柱(ユンドンジュ)の生涯」のチェ・ヒソ、「アイアムアヒーロー」の山野内扶、「朝日のあたる家」の金守珍。脚本を「私は王である!」のファン・ソング、音楽を「監獄の首領」のパン・ジュンソクが務める。監督は「ソウォン 願い」のイ・ジュンイク。第13回大阪アジアン映画祭にて「朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」のタイトルでオープニング上映。

予告編・関連動画

金子文子と朴烈

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子(チェ・ヒソ)は、『犬ころ』という詩に心を奪われる。詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈(イ・ジェフン)。出会ってすぐに彼の強靭な意志とその孤独に共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めるのだった。そんななか、ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」を結成。だが同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。内務大臣・水野錬太郎(キム・インウ)を筆頭に、日本政府は震災による人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈や文子たちも検束され、社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変えるため、そして自分たちの誇りのために獄中で闘う事を決意する。やがてその闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていく。しかし、国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていくふたりには、過酷な運命が待ち受けていた……。

作品データ

原題
박열
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
韓国
配給
太秦
上映時間
129分

[c]2017, CINEWORLD & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2019/5/10

    映画のパンフをめったに買わない私が、この作品のパンフは買った。本作に金子文子と朴烈の数奇な運命がよく描かれていて、強い衝撃を受けたからだ。
    その後、二人の「その後」をネットで検索し、金子文子については、いくつかの著作があって、よく読まれていることを知った。
    朴烈のその後の人生もまた、苦難に満ちたものだったようで、映画化するに値すると思う。

    違反報告