人間失格 太宰治と3人の女たち:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
人間失格  太宰治と3人の女たち
人間失格  太宰治と3人の女たち
3.4

人間失格 太宰治と3人の女たち

2019年9月13日公開、120分、伝記/ヒューマンドラマ/文芸
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    3,527
  • みた
    680
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的な写真家であり、『さくらん』『ヘルタースケルター』などで映画監督としても活躍する蜷川実花が、構想に7年を費やし、天才作家・太宰治と彼を取り巻く3人の女性のスキャンダラスな関係を映画化。小栗旬が主人公の太宰に扮し、その妻を宮沢りえが、愛人を沢尻エリカ、最後の女・富栄を二階堂ふみが演じる。

配信で観る

ストーリー

身重の妻・美知子と2人の子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返す太宰治は、その生き方から、文壇には嫌われながらも、ヒット作を連発していた。2人の愛人からは子どもが欲しいと迫られる狂った日々を送る中、才能を信じる妻には叱咤され、自分にしか書けない人間に失格した男の物語を執筆していく。

予告編・関連動画

人間失格 太宰治と3人の女たち

予告編

2019/4/1(月)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
日本
配給
松竹=アスミック・エース
初公開日
2019年9月13日
上映時間
120分
製作会社
映画『人間失格』製作委員会(企画:松竹)
ジャンル
伝記ヒューマンドラマ文芸

[c]2019 『人間失格』製作委員会
[c]キネマ旬報社