紐育歓楽曲|MOVIE WALKER PRESS
MENU

紐育歓楽曲

1933年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ヘル・ビロウ」「夫婦戦線」のロバート・モンゴメリーが主演する映画で、「速成成金」「影を持つ女」のコートネー・ターレットが原作脚色し、「笑う罪人」「ブロードウェイの西」のハリー・ボーモンが監督にあたり「近衛兵」「世界大洪水」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「あめりか祭」「水兵上陸」のサリー・アイラース、「快走艇」「ヘル・ビロウ」のマッジ・エヴァンスを始め「地下の雷鳴」のユージーン・パレット、「蒼白いまぶた」のジーン・パーカー及びC・ヘンリー・ゴードン、その他である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジェフ・ゼッドウェルは豪奢なアパートに酒場と賭博場をして金を儲けている最もスマートな都会青年だった。ニューヨークでもジェフのアパートといえば、有力な政治家からレヴューの踊り子たちまでも出入りするところで、消息通の説によると、市長やその取り巻きたちもジェフの許に政治問題の相談にくるとのことだった。こんな生活を嫌がって彼の妻クレアはとうとう離婚してしまった。ジェフは友人であり侍僕であるターウィリガーと2人で男やもめ暮らしをしなければならなくなったが、自分の現在によっている彼はクレアと別れても悔いるところはなかった。ある日ジェフは渡り船から投身した女を救おうとして飛び込み、力つきて他の人々に女諸共救われた。新聞記者の包囲を受けると、女は自分が彼を救おうとして飛び込んだのだと語った。彼女の機智に感心したジェフは彼女をモナ・マーチンと名乗らせてブロードウェイの舞台に立たせた。モナは美貌と機智を以て巧妙な強盗常習犯となったが、ある儲け仕事の件で相棒のジゴロと争いついに射殺してしまった。ジェフはモナの告白を聞くや、事件を脚色して誇大に吹聴し、弁護士や検事や裁判官等を巧く抱き込んで、モナを正当防衛の殺人といいこめて釈放させた。そしてモナに以後悪事を働かせまいと、強盗恐活の種の手紙を破棄せよと命じた。ところが彼女は承知しないのでさすがのジェフの愛想がつき、手紙を奪って焼却した上彼女と絶縁してしまった。そして過去を忘れ様と欧州へ向けて出帆した。彼は船の中で落ち着くと自分のしてきたことを悔い、妻のクレアと離婚した愚かさを悟った。彼は和解の電報を打った。が彼を愛しているクレアは彼を慕って同船していたので、喜んでジェフの許へ帰ったのである。

作品データ

原題
Made On Broadway
製作年
1933年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?