屍人荘の殺人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

屍人荘の殺人

2019年12月13日公開,120分
  • 上映館を探す

「第18回本格ミステリ大賞」など国内の主要ミステリーランキングにおいて、デビュー作としては史上初となる4冠を達成した今村昌弘の同名小説を、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。山奥のペンション「紫湛荘」で巻き起こる不可解な密室殺人事件の真相に、大学のミステリー愛好会に所属する自称“ホームズ”と“ワトソン”、そして同じ大学に通う美人探偵の3人が挑む。

予告編・関連動画

屍人荘の殺人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミステリー小説オタクの葉村譲と、ミステリー愛好会の会長である先輩・明智恭介は、私立探偵の顔も持つ美女・剣崎比留子から、謎の脅迫状が届いたというロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかけられる。3人は合宿先で研究会のメンバーと合流するが、その夜、予期せぬ異常事態が発生し、ペンションは外界から遮断されてしまう。そんななか、密室状態となったペンション内で惨殺死体が見つかる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分

[c]2019「屍人荘の殺人」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    ヘポポアルヤントル

    4.0
    2020/11/26

    ポップなテンポとコミカルな演技でミステリーなのに明るく楽しい作品でした。 死体等の表現もマイルドです。 しかし観賞後の気分は…。 もやもやします…。 原作も読んで良く考えます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    1.0
    2020/11/21

    2020.11.21.鑑賞(WOWOW) 原作は読み飛ばしたのですが、こんな話だったのでしょうか?        

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    この作品は、100年に一人の「超」女優・浜辺美波を鑑賞するためで、それ以外には理由も見当たらない作品でした。 ストーリーは論評のレベルにも達しない貧弱なもので、そこだけを評価すれば★2つだって厳しいと思います。 神木隆之介にしても、やたらと「え?」「え?」と言うばかりで、なぜこんな平板な演技で人気が出るのか不明です。 そんななか、この作品の評価点は、一にも二にも、底知れぬ怪演を見せる浜辺美波に尽きるでしょう。 凄い女優で、どんな既存の枠にもはまらない。 この1年間だけで見ても、 賭ケ狂いで狂気の天才ギャンブラーを演じてみせた浜辺美波。 アルキメデスの大戦では清楚な深窓の令嬢を演じた浜辺美波。 そして今作では超美少女なのに三枚目でハッチャケる女探偵を演じた浜辺美波。 これがどれも同じ一人の若手女優の作品だとは、信じることもできないほどの演技の幅の広さ。 ただただ舌を巻くばかりでした。 たしかに今、浜辺美波という女優が争奪戦になっている理由もよく分かりますが、この作品は、100年に一人の「超」女優・浜辺美波の一つの面を鑑賞する、それだけの目的であっても、★4つにふさわしい作品だったと思います。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    龍馬

    3.0
    2020/4/28

    まぁまぁかな

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2020/4/13

    【賛否両論チェック】 賛:主人公達凸凹コンビが、時にコミカルに謎解きに挑みながらも、その本格的なミステリーを鮮やかに解決していく様が痛快。「ネタバレ厳禁」のテイストも、非常に斬新。 否:「ネタバレ厳禁」の部分に、かなり賛否や好き嫌いは分かれそう。グロシーンも結構あり。  一言でいうなら、「これぞまさに新時代の本格ミステリー」といったところです(笑)。孤立した洋館で起きる、不可解な連続殺人事件。個性溢れる名探偵・比留子と、終始ポンコツな推理を繰り広げるワトソン・葉村の凸凹コンビが、その謎に真正面から挑んでいく姿は、時におかしくもあり、時に頼もしくもあります。  そして新時代なのは、「ネタバレ厳禁」と囁かれるまさにその部分。詳しくは実際に確かめていただきたいのですが、なかなか本格ミステリーではなかったシチュエーションなので、その辺りも期待大です。  訳あってグロシーンもかなり多いので、苦手な人には向かないかも知れませんが、ミステリー好きな方もそうでもない方も(笑)、是非チェックしてみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/3/28

    よかった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    きみ

    3.0
    2020/3/25

    浜辺美波ちゃんが可愛すぎました。それだけで満足です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    くろ

    3.0
    2020/3/20

    よかった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    よっし〜

    3.0
    2020/2/29

    ミステリーにゾンビ要素があって 今までに見たことの無い映画だった

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    かつを

    3.0
    2020/1/22

    うーん。 もっと中村倫也観たかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    kouro-hou

    4.6
    2020/1/3

    原作改変部分の始末は荒いし、数で勝負のダジャレとかアレレな部分はありましたが、改変の意図は理解できるし支持もする。おかげでわりと偶然頼りの犯人且つデコイ無しになっちゃってますが、本格ミステリ愛好家向けのタイトルではないという事なんでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2019/12/15

    原作は未読で予告編から、てっきり3人の推理合戦みたいな話かと思って観に行ったら全然違った。 まさかのアレもの。 観終わったらすぐ書店で、小説をゲット。 あー、なるほど。 映画では違和感のありまくったアレの設定が、小説だとスムーズなのか。 神木隆之介くんも、浜辺美波ちゃんも良いのだが、偶発性の高い要素が入った脚本的な改変をしたのと、演技をコメディタッチに振ったのが、イマイチ感を作っちゃった印象。 個人的にはコメディはもう少し抑えて、シリアス方向を強めてやるべきだったと思いました。 アレが、散々いろんな映像作品で、ギャグやコメディに使われちゃっているから、ビジュアル的に笑えちゃって、殺人のインパクトが減っているんです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Lisururi

    3.0
    2019/12/13

    明智君あと1時間は出してほしかった。 早すぎるだろ、居なくなるの。 明智君の大学でのエピソード、ダイジェスト過ぎる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告