“隠れビッチ”やってました。|MOVIE WALKER PRESS
MENU

“隠れビッチ”やってました。

2019年12月6日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

あらいぴろよのエッセイ漫画を、連続テレビ小説『ひよっこ』で主人公の親友を演じた佐久間由衣主演で映画化。心の隙間を満たすゲームのように清純派を装い男たちを翻弄するひろみは、本気で好きになった安藤を落とせず自棄になった姿を三沢に見られてしまう。監督は「旅猫リポート」の三木康一郎。愛されたいという気持ちを持て余すひろみを佐久間由衣が、ひろみが自分と向き合うきっかけとなる三沢を「怒り」の森山未來が、ひろみを見守るシェアハウス仲間を「銃」の村上虹郎と「ハッピーアイランド」の大後寿々花が演じる。第32回東京国際映画祭特別招待作品。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

“隠れビッチ”やってました。

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

26歳の荒井ひろみ(佐久間由衣)は、デパ地下で働く独身女。彼女の趣味・特技は異性にモテること。ナチュラルなメイクに露出控えめのワンピースをまとい、絶妙なタイミングでスキンシップを図り、視線や会話のテクニックを駆使して相手を翻弄し、狙った男に告白させたらフェイドアウトしてしまう。ひろみにとって、恋愛は日々の心の隙間を満たすゲームだった。清楚系女子のふりをして次々に男たちを戦略的に落としていく一方で、シェアメイトと暮らす家に帰るとまるで別人のようにだらしなく、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)はそんなひろみのことを清純派を装った“隠れビッチ”だと言ってたしなめるものの、彼女は聞く耳を持たない。そんな中、同じ職場の安藤(小関裕太)相手に仕掛けるが、数年ぶりに思い通りにならず、安藤を本気で好きになっていたことに気付きショックを受けるひろみ。さらにはやけ酒をあおり酔いつぶれている姿を同じデパートに勤める三沢(森山未來)に目撃され、醜態をさらしてしまう。ひろみは三沢に隠れビッチであることを打ち明け、封印してきた過去と向き合い始めるが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
112分

[c]『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2020/4/10

    【賛否両論チェック】
    賛:「好き」と言われることでしか満たされなかったヒロインが、本当の愛情を知ろうとする中で、何度も傷つき葛藤していく姿が、痛々しくも心に響くものがある。男性目線で身につまされる部分も多い(笑)。
    否:ヒロインの言動にどうしても好き嫌いはありそう。特に後半は顕著か。

     まず何と言いますか、男性側の視点で見ると、色々と身につまされる部分が多いと思います(笑)。本作でも登場するように、勿論男性にも草食系から肉食系まで様々なタイプがありますが、いずれにしてもその心の脆さや考えの単純さ、恋愛観の浅はかさ等々、自分の生き方を省みるイイ薬になりそうな作品です(笑)。
     一方、そんな男性達を手玉に取りながらも、「愛」と呼べるものを知らずにいたヒロインが、本気でぶつかり傷つきながら、本当の愛情を理解しようと苦悩していく姿は、痛々しくも胸を打つものがあります。
     そして個人的には、ヒロインを温かく見守る晃のキャラクターが、とっても好きです。
    「自分に自信がないからってね、男に逃げるのやめなさい。ちゃんとした人間になりなさい。」
    と諭すシーンは、メチャメチャステキでした。
     とはいうものの、特に後半に行けば行くほど、ヒロインの言動がどうしても生理的に苦手な人も出てきそうな展開ではありますが、タイトルが気になった方は是非チェックしてみて下さい。

    違反報告