シネマ歌舞伎 廓文章 吉田屋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シネマ歌舞伎 廓文章 吉田屋

2020年1月3日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第35弾。2009年4月、歌舞伎座にて片岡仁左衛門&坂東玉三郎のコンビで上演された、上方歌舞伎の代表作でもある「廓文章 吉田屋」。片岡仁左衛門が演じる遊び癖ゆえ勘当された伊左衛門と、坂東玉三郎が演じる恋人・夕霧の艶めく男女の恋模様が描かれる。舞台映像に加え、仁左衛門と玉三郎のインタビューも収録されている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

放蕩ゆえに勘当された藤屋の若旦那・伊左衛門。恋人の夕霧が病に伏していることを知った彼は、その落ちぶれた身を省みることなく、大坂新町の吉田屋へ足を運ぶ。主人・喜左衛門夫婦の好意で、伊左衛門は夕霧に会うことができたが、彼の嫉妬が原因で痴話喧嘩が始まってしまう。やがて仲直りした2人のもとへ、ある知らせが届けられる。

作品データ

映倫区分
G
配給
松竹
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?