シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

2019年12月13日公開、105分、伝記/歴史
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一人の男が33年かけ築きフランス政府指定の重要建造物となったシュヴァルの理想宮の誕生背景に迫る人間ドラマ。愛娘アリスのためにおとぎの国の宮殿を建てることを思いついた郵便配達員シュヴァルは、周囲から変人と噂されながらも石を積み上げ続けるが……。監督は「グレート デイズ!-夢に挑んだ父と子-」のニルス・タヴェルニエ。途方もない挑戦をしたシュヴァルを「レセ・パセ 自由への通行許可証」で第52回ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)を受賞したジャック・ガンブランが演じる。フランス映画祭2019横浜公式上映作品(上映タイトル:「アイディアル・パレス シュヴァルの理想宮(仮)」)。

予告編・関連動画

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

予告編

2019/9/6(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

村から村をまわる日々を送る寡黙で不器用な郵便配達員シュヴァル(ジャック・ガンブラン)は、ある日、愛娘アリスのためにおとぎの国の宮殿を建てることを思いつく。来る日も来る日もたった一人で石を運び、積み上げ続けるシュヴァル。村人たちから馬鹿にされても諦めることのない彼だったが、過酷な運命が待ち受けていた。

作品データ

原題
L'INCROYABLE HISTOIRE DU FACTEUR CHEVAL
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
フランス
配給
KADOKAWA
上映時間
105分
ジャンル
伝記歴史

[c]2017 Fechner Films - Fechner BE - SND - Groupe M6 - FINACCURATE - Auvergne-Rhone-Alpes Cinema [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7 /6件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?