ガーンジー島の読書会の秘密|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ガーンジー島の読書会の秘密

2019年8月30日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などを手掛けた製作陣が再結集したミステリードラマ。作家のジュリエットは、第二次世界大戦中イギリスで唯一ナチスドイツに占領されていたガーンジー島でエリザベスという女性が創設した“読書会”の存在を知り、島を訪れる。ジュリエット役に『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマンらが共演。『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェルが監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1946年、終戦の喜びに沸くロンドンに暮らす作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチに怯えていた大戦中に島の人々を支えていたのが、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在だった。本が人と人の心をつないだという事実に魅了されたジュリエットは、読書会に関する記事を書こうとガーンジー島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気づく。

作品データ

原題
THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
フランス=イギリス
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
124分

[c]2018 STUDIOCANAL SAS [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/9/8

    構成が絶妙。 戦時中に島を占領したナチス・ドイツという組織の非道さと、そこに暮らす人々の優しさとの対比も素晴らしい。 いい作品を観た。 映画ファンと小説ファンにはオススメ。 特に女性に観てもらいたい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/9/5

    本好きとしては、読書会と言うワードに惹かれない訳が無いです。 ストーリーは分かりやすいです。当然そうなるだろうと言う方向に進んで行くし。 売れっ子作家のジュリエットは美人で才能豊かだからちょっと自信家なのね。 ちやほやされるし、リッチで熱烈にアプローチして来る紳士が自分に似合っていると思っている。 隠された戦争の悲劇を紐解いて成長する・・って単純なお話。 まぁ、バラの花束より、野の花を好む女性は意外と多いって事です。 皮肉なシドニーのキャラが好きですね。ジュリエットが嫌な女にならない防波堤のような感じ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告