生理ちゃん:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
生理ちゃん

生理ちゃん

2019年11月8日公開、75分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

生理痛の原因をキャラクター化し第23回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した小山健によるコミックを映画化。女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く青子の元にも、人生を半ば諦めSNSで毒のある投稿を続けるりほの元にも、容赦なく生理ちゃんがやってきて……。生理ちゃんに振り回されながらも仕事に恋に奮闘する青子を「翔んで埼玉」の二階堂ふみが、清掃のバイトをするりほをオムニバス「21世紀の女の子」内の一篇「projection」の伊藤沙莉が演じる。フジテレビジョンで『隣の家族は青く見える』など数々のドラマを手がけてきた品田俊介が映画初監督。第11回沖縄国際映画祭(島ぜんぶでおーきな祭)、第6回京都国際映画祭上映作品。

予告編・関連動画

生理ちゃん

予告編

2019/9/6(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女性たちの元に月に一度やってくる生理ちゃん。女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く青子(二階堂ふみ)の元にも、仕事中でもデート中でも容赦なく生理ちゃんがやってくる。生理ちゃんが来たら常に背負いながら何事もない顔をしてやり過ごすしかなく煩わしくあるが、青子が悩んだ時や迷った時に一番そばにいてくれる存在でもある。一方、人生を半ば諦めたりほ(伊藤沙莉)は、青子の働く編集部で清掃のバイトをしながらSNSで毒のある投稿を続けている。そんな彼女の元にも生理ちゃんは容赦なくやってきて……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
吉本興業
上映時間
75分
製作会社
製作:吉本興業 制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー=フジテレビジョン 制作プロダクション:フィルムメイカーズ

[c]吉本興業 [c]小山健/KADOKAWA [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /6件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?