ジュディ 虹の彼方に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジュディ 虹の彼方に

2020年3月6日公開,118分
  • 上映館を探す

1939年「オズの魔法使」で一躍スターとなったミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を「シカゴ」のレネー・ゼルウィガーが演じた伝記ドラマ。1968年、トラブルが度重なり窮地に立つジュディは、子供を元夫に預け、ロンドンのクラブに出演するため旅立つ。ピーター・キルターによる舞台『End Of The Rainbow』を基に、47歳の若さでこの世を去る半年前に行われた公演の日々を、「トゥルー・ストーリー」のルパート・グールド監督が描く。劇中歌は全曲レネー・ゼルウィガー自身が歌っている。第77回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞【ドラマ部門】ノミネート。

第92回アカデミー賞特集ページ

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

予告編・関連動画

ジュディ 虹の彼方に

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1968年。かつてミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨したジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)だったが、度重なる遅刻や無断欠勤のせいで映画出演のオファーが途絶え、窮地に立っていた。今は巡業ショーで生計を立てているものの、住む家もなく、借金は膨らむ一方。やむなく元夫(ルーファス・シーウェル)に幼い娘と息子を預け、ロンドンのクラブに出演するため一人旅立つジュディ。英国での人気は今も健在ではあるが、初日を迎えるとプレッシャーが高じ逃げ出そうとしてしまう。それでもひとたびステージに上がればジュディはたちまちディーバと化し、観客を魅了。ショーは大盛況でメディアの評判も上々。新しい恋ともめぐりあい、明るい未来に心躍らせるジュディだったが、子供たちの心が離れていく恐れと疲労から睡眠薬とアルコールに走り、ついには舞台でも失態を犯してしまう……。

作品データ

原題
JUDY
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
118分

[c]Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.8
  • 元電気メーカー社員

    4
    2020/6/5

    私が生まれる前、私の母親(故人)が女学生だった時代の、大スターの最晩年。壮絶な人生だったというのは知っていました。

    本作も、ストーリーとしては、壮絶なまま終わった彼女の最晩年を再現したものですが、それが単なる悲劇で終わらないのは、原作(舞台作品)のおかげもあるでしょうが、何をおいても主演のレネー・ゼルウィガーの圧倒的な演技力と歌唱力の賜物でしょう。

    ブリジット・ジョーンズを演じた時とは別人にしか見えないような(ジョーカーを演じた時のホアキン・フェニックスの上を行くんじゃないかという位減量して)姿になっても、生半可でない存在感。

    もちろん彼女の演技が輝くのは、脚本も演出もカット割りもカメラワークも共演者の演技も、何もかもが、高いレベルで寸分の隙も無い一体感で組みあがっているからで、主演女優だけでは到底成立しない作品ではあるものの

    それが分かってもやっぱりレネー・ゼルウィガー
    は凄い!

    20年近く前、映画版「シカゴ」に出演したときの彼女は、歌もステージアクションも、ハリウッドの第一線の役者の中では、特に印象には残らなかったですが、本作で一気に抜きん出た印象。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 杉ちゃん

    4
    2020/3/25

     知る人ぞ知る17歳であの「オズの魔法使い」のドロシー役で一躍スターダムに上りつめたジュディ・ガーランドの47歳で亡くなる晩年時にスポットを当てた伝記映画。

     ハリウッドスターやミュージッシャンを題材にした自伝映画は数えきれないほど作られていますが、その殆どが、過去の栄光からドラッグや酒におぼれるか、結婚離婚を繰り返して、人間関係のもつれから精神を病んでしまうなど悲しく終わります。今作も例外ではなく、今回は「子供たちへの想い」が絡んで、より悲しみが増しました。

     しかし、そんな「ありふれた自伝映画」をレネー・セルウィガ-の演技のすばらしさで、全く退屈にすることなく、最後まで一気に見せてくれます。そして、お約束のラストでもその歌唱力も相まって、観ている者に感動の涙を流させてくれます。

     まさに「女優魂」を感じました。

     

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Sibyl

    5
    2020/3/24

    正直、レニー・ゼルウィガーがこんなに素晴らしい女優さんだとは知りませんでした。
    オスカー女優に相応しい圧巻の演技です。歌唱シーンもすべて彼女自身が歌っているというから本当にすごいです。
    感動のラストステージは是非、劇場で。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告