ジュディ 虹の彼方に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジュディ 虹の彼方に

2020年3月6日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1939年「オズの魔法使」で一躍スターとなったミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を「シカゴ」のレネー・ゼルウィガーが演じた伝記ドラマ。1968年、トラブルが度重なり窮地に立つジュディは、子供を元夫に預け、ロンドンのクラブに出演するため旅立つ。ピーター・キルターによる舞台『End Of The Rainbow』を基に、47歳の若さでこの世を去る半年前に行われた公演の日々を、「トゥルー・ストーリー」のルパート・グールド監督が描く。劇中歌は全曲レネー・ゼルウィガー自身が歌っている。第77回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞【ドラマ部門】ノミネート。

第92回アカデミー賞特集ページ

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

予告編・関連動画

ジュディ 虹の彼方に

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1968年。かつてミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨したジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)だったが、度重なる遅刻や無断欠勤のせいで映画出演のオファーが途絶え、窮地に立っていた。今は巡業ショーで生計を立てているものの、住む家もなく、借金は膨らむ一方。やむなく元夫(ルーファス・シーウェル)に幼い娘と息子を預け、ロンドンのクラブに出演するため一人旅立つジュディ。英国での人気は今も健在ではあるが、初日を迎えるとプレッシャーが高じ逃げ出そうとしてしまう。それでもひとたびステージに上がればジュディはたちまちディーバと化し、観客を魅了。ショーは大盛況でメディアの評判も上々。新しい恋ともめぐりあい、明るい未来に心躍らせるジュディだったが、子供たちの心が離れていく恐れと疲労から睡眠薬とアルコールに走り、ついには舞台でも失態を犯してしまう……。

作品データ

原題
JUDY
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
118分

[c]Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    nastika

    3.8
    2020/7/15

    ハリウッドを代表するスター、ジュディ・ガーランドの晩年の日々。全盛期を過ぎたスターの孤独を描いた本作、ストーリーはとりたてて珍しくないけど、レネー・ゼルウィガーの憑依演技と歌唱が圧巻。見応えあった。
    少女期のジュディの麗しさ、大人たちに縛られる息苦しい演技もまた良かった(つらかった)。ルイス・B・メイヤーやアーサー・フリードあってこそのジュディ・ガーランドだけど、セクハラ(映画では具体的描写無し)や強制ダイエットのためのドラッグ強要などハリウッドの闇の集約でもある。バックグラウンドを調べて作品を見ると劇中のラストの重みが違う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2020/6/5

    私が生まれる前、私の母親(故人)が女学生だった時代の、大スターの最晩年。壮絶な人生だったというのは知っていました。

    本作も、ストーリーとしては、壮絶なまま終わった彼女の最晩年を再現したものですが、それが単なる悲劇で終わらないのは、原作(舞台作品)のおかげもあるでしょうが、何をおいても主演のレネー・ゼルウィガーの圧倒的な演技力と歌唱力の賜物でしょう。

    ブリジット・ジョーンズを演じた時とは別人にしか見えないような(ジョーカーを演じた時のホアキン・フェニックスの上を行くんじゃないかという位減量して)姿になっても、生半可でない存在感。

    もちろん彼女の演技が輝くのは、脚本も演出もカット割りもカメラワークも共演者の演技も、何もかもが、高いレベルで寸分の隙も無い一体感で組みあがっているからで、主演女優だけでは到底成立しない作品ではあるものの

    それが分かってもやっぱりレネー・ゼルウィガー
    は凄い!

    20年近く前、映画版「シカゴ」に出演したときの彼女は、歌もステージアクションも、ハリウッドの第一線の役者の中では、特に印象には残らなかったですが、本作で一気に抜きん出た印象。

    違反報告
  • rikoriko2255

    かずねぇ

    4.5
    2020/5/22
  • rikoriko2255

    キド

    4.0
    2020/4/10

    最後にあんなにガン泣きさせられるとは思ってなかった

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/4/8

    良かった

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2020/3/25

     知る人ぞ知る17歳であの「オズの魔法使い」のドロシー役で一躍スターダムに上りつめたジュディ・ガーランドの47歳で亡くなる晩年時にスポットを当てた伝記映画。

     ハリウッドスターやミュージッシャンを題材にした自伝映画は数えきれないほど作られていますが、その殆どが、過去の栄光からドラッグや酒におぼれるか、結婚離婚を繰り返して、人間関係のもつれから精神を病んでしまうなど悲しく終わります。今作も例外ではなく、今回は「子供たちへの想い」が絡んで、より悲しみが増しました。

     しかし、そんな「ありふれた自伝映画」をレネー・セルウィガ-の演技のすばらしさで、全く退屈にすることなく、最後まで一気に見せてくれます。そして、お約束のラストでもその歌唱力も相まって、観ている者に感動の涙を流させてくれます。

     まさに「女優魂」を感じました。

     

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.8
    2020/3/24

    レネーゼルウィガーの演技は良かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    5.0
    2020/3/24

    正直、レニー・ゼルウィガーがこんなに素晴らしい女優さんだとは知りませんでした。
    オスカー女優に相応しい圧巻の演技です。歌唱シーンもすべて彼女自身が歌っているというから本当にすごいです。
    感動のラストステージは是非、劇場で。

    違反報告
  • rikoriko2255

    salamander

    5.0
    2020/3/23

    見てよかった。母としてのジュディに感情移入してしまいエンドロールの間も涙がなかなか止まらず困りました。
    彼女が放つ強い言葉は傷ついている私の心に気づいて、と言っているかのようで辛かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2020/3/20

    J.ガーランドの印象は「オズの魔法使い」のドロシーしか知らない。その後の人生ってどうであったか。
    他の出演作品で有名だったのって何だろう。子役からずっとトップスターでいることはショウビジネス界で1%にすぎないのでは。大抵は破滅型というか、抱えきれない大金が転がってドラッグや薬、いろんな恩恵にたかる人間やらで、まともにいられるなんて至難。

    結婚は失敗しても子供は愛してる。それでも心がジグザグに揺れる。ステージでの失態に観客は厳しい。そりゃ才能に代金を支払っているのだから当然とも言える。
    支えているのは真のファンであり、彼女のギャラで食べていないスタッフだったりするわけだ。落ちぶれの山あり谷あり、中盤はやや中だるみが否めないが、ラストは涙だなぁ。これもそれもR.ゼルウィガーの演技力に尽きる。
    良いステージは観客と一体になること。皆で作り上げるものなのだ。一曲一曲にとことん力を使い果てる、彼女の姿にソウルフルを感じずにはいられない。ラスト、感涙。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.6
    2020/3/17

    歌、うまいわ。もっと上手く生きられたらね。苦労はないよね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/3/16

    Judy Garlandは歌唱力と演技力に恵まれた女性で、黒い噂は絶えない。
    事務所の社長に、子役二人は要らないから太っている方(Judy)を解雇しろと言われたプロデューサーArthur Freedが、間違えた振りしてもう一人の方を解雇した話は有名だけれど、そのArthur Freedがキャスティング・カウチで悪名高い事から13歳のJudyも枕営業をまことしやかに噂されたし。
    当時珍しい同性愛者の理解者で、自身もバイセクシャルだったとも言われているし。
    その辺は、ふわっと触れていたね。

    13歳から、ダイエット薬として覚醒剤を与えられ続けて、破滅して行ったJudy。
    誰もが憧れたドロシーだったからこそ、求められ、応えなければ恨みを買ったJudy。
    時代が違ったら、もっと幸せになれたかもしれない。
    そう思うと、凄く惜しい。
    娘が、母はハリウッドに殺された‥と言うのも分かるわ。

    そんな壊れそうなJudy Garlandを繊細に演じたRenée Zellwegerが凄い。
    彼女の女優魂を見せつけられたなぁ。

    Rufus Sewellが、彼にしては比較的良い人の役だった。良い人では無いけど、大体最低男役だからな。

    でも、自分の好きなスターが、あんなボロボロな気持ちでステージに立っていたら、辛い。
    ステージに立つ事を楽しんで居てい欲しい・・
    失敗したら物を投げつけるなんて、ショービジネスの世界は残酷だ。
    そんな人ばかりではないけど、あれは、悲しかった。

    去年、たまたま行ったカフェのモニターで、Judy Garlandの「オズの魔法使」が流れていた。
    きらきらした瞳で、皆を魅了していた彼女を思い出す。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2020/3/12

    ジュディ・ガーランドのことを
    知っているようで何も知らなかった。
    記憶にあるのは栄光のスポットライトを浴びているジュディ。
    こんなに壮絶な晩年を過ごしていたなんて。。。
    酒や薬物に頼ってしまうスターを観るのはツラいです。
    レネー・ゼルウィガーの迫真の演技にあの歌唱力。
    これにはホント参りました。
    納得のアカデミー主演女優賞です。
    レネーの復活とジュディの生き様が
    心なしかダブって見えました。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    JIMES

    4.0
    2020/3/11

    私は『オズの魔法使』が大好きです。今まで観た映画の中でベスト3に入ります。
    そして主演のジュディ・ガーランドは天才子役と思ってました。
    でも今回この映画を観て、ジュディ・ガーランドは子供の頃から、そして晩年も、あんなに壮絶な人生を送っていたとは知りませんでした。
    ただ、どんな状況であっても、生涯を通してすばらしいエンターティナーであったことは間違いありません。
    それを体現したレニー・ゼルウィガーはすばらしかったです。
    ドラマとしての盛り上がりには欠ける映画ですが、レニー・ゼルウィガーの演技に圧倒されっぱなしでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2020/3/7

    ラストの『オズの魔法使』「虹の彼方に Over The Rainbow」には涙と鳥肌が!

    『ボヘミアンラプソディ』で、フレディが元彼女に「今の恋人と子供ができたの」と告げられたシーンがスタートライン、ってイメージの映画でした。
    子役をやっていた13歳の頃から、太りやすいが体型維持の契約があり、1日18時間労働をさせられて不眠症になったジュディは、慢性的に映画会社(MGM)のマネージャーから覚醒剤を投与されていたため、19歳の初婚時にはすっかり鬱と神経症とドラッグとアルコールにズッポリ。

    遅刻、虚言、すっぽかしの末、クビになって。
    せっかく再起のきっかけになりそうだった『スタア誕生』のあとも、監督・映画会社から干され。
    中年になった時点で莫大な借金を背負った彼女が、子どもの養育費と借金返済のため、ロンドンで再々起をはかる話なんだが……

    ずっとダメで、それが愛おしかった。
    大人にダメにされた子供のまま、中年になってしまった悲劇の歌姫。
    それが、「虹の彼方に Over The Rainbow」の歌詞に重なっていく。

    アカデミー賞主演女優賞も納得!
    すげーな、レニー・ゼルウィガー!

    違反報告