ジュディ 虹の彼方に:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ジュディ 虹の彼方に

ジュディ 虹の彼方に

2020年3月6日公開、118分、伝記
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1939年「オズの魔法使」で一躍スターとなったミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を「シカゴ」のレネー・ゼルウィガーが演じた伝記ドラマ。1968年、トラブルが度重なり窮地に立つジュディは、子供を元夫に預け、ロンドンのクラブに出演するため旅立つ。ピーター・キルターによる舞台『End Of The Rainbow』を基に、47歳の若さでこの世を去る半年前に行われた公演の日々を、「トゥルー・ストーリー」のルパート・グールド監督が描く。劇中歌は全曲レネー・ゼルウィガー自身が歌っている。第77回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞【ドラマ部門】ノミネート。

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

予告編・関連動画

ジュディ 虹の彼方に

予告編

2019/11/28(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1968年。かつてミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨したジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)だったが、度重なる遅刻や無断欠勤のせいで映画出演のオファーが途絶え、窮地に立っていた。今は巡業ショーで生計を立てているものの、住む家もなく、借金は膨らむ一方。やむなく元夫(ルーファス・シーウェル)に幼い娘と息子を預け、ロンドンのクラブに出演するため一人旅立つジュディ。英国での人気は今も健在ではあるが、初日を迎えるとプレッシャーが高じ逃げ出そうとしてしまう。それでもひとたびステージに上がればジュディはたちまちディーバと化し、観客を魅了。ショーは大盛況でメディアの評判も上々。新しい恋ともめぐりあい、明るい未来に心躍らせるジュディだったが、子供たちの心が離れていく恐れと疲労から睡眠薬とアルコールに走り、ついには舞台でも失態を犯してしまう……。

作品データ

原題
JUDY
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
118分
ジャンル
伝記

[c]Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /66件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?