どん底作家の人生に幸あれ!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

どん底作家の人生に幸あれ!

2021年1月22日公開,120分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」を、『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督が映画化。一癖も二癖もある変わり者たちに囲まれて、めまぐるしく変転する人生をたくましく歩む主人公の姿を描く。主人公のデイヴィッドを『ホテル・ムンバイ』のデヴ・パテルが演じ、『サスぺリア』のティルダ・スウィントン、「パディントン」シリーズのベン・ウィショーらが共演。

予告編・関連動画

どん底作家の人生に幸あれ!

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

やさしい母と家政婦とともに幸せに暮らしていたデイヴィッドは、暴力的な継父によって工場に売り飛ばされてしまう。歳月が過ぎ、母の死をきっかけに工場から脱走した彼は、たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで上流階級の名門校に入学。卒業後は法律事務所で働き、令嬢のドーラと恋に落ち、やっと運が向いてきた矢先、デイヴィッドの過去を知る人物によって再び暗雲が立ち込める。

作品データ

原題
The Personal History of David Copperfield
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
120分

[c]2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    りえとみ

    4.0
    2021/1/30

    最初は、どんな展開になるのかと思いながら、しだいに惹き込まれていました。 いろいろな経験が人生なんだと、素敵なストーリーでした!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告