わたしは光をにぎっている|MOVIE WALKER PRESS
MENU

わたしは光をにぎっている

2019年11月15日公開,96分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「四月の永い夢」の中川龍太郎監督が「おいしい家族」の松本穂香を主演に迎え、居場所を探す若い女性の姿を描く人間ドラマ。亡父の親友を頼り上京した澪は、居候先の銭湯を手伝い次第に商店街の人々と親しんでいくが、銭湯はじきに閉店することになっていた。20歳で上京した澪を松本穂香が、銭湯の店主・京介を名バイプレーヤーの光石研が、早くに他界した親に代わり澪を育ててきた祖母・久仁子を大河ドラマ『国盗り物語』の樫山文枝が演じる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

わたしは光をにぎっている

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宮川澪は早くに両親を亡くし、祖母・久仁子が親代わりとなり彼女の元で育った。久仁子と二人で長野県の湖畔にある民宿を切り盛りしていたが、久仁子が入院。民宿を閉めざるをえなくなり、それを機に澪は父の親友・京介を頼り上京し、京介が経営する銭湯に身を寄せる。都会の空気に馴染めずにいたが、目の前のできることからひとつずつ、という久仁子の言葉に押され、居候先の銭湯を手伝うように。やがて昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、澪は都会暮らしの中に喜びを見出していく。しかし区画整理によりじきに銭湯を畳まなければならず、それを知った澪は戸惑いながらもある決意をする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
96分

[c]2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ki_ita

    3.3
    2019/12/25

    そこで、ありがとうを言わないの⁈
    というほどのコミュニケーション下手な主人公が
    祖母の教え「まずは目の前の出来ることから」始めて見つけた居場所が、再開発で再び去ることになる切ない現実。

    昔の話ではなく、現代の今も誰かの居場所が、簡単に消え去っていっているんだ。

    消えゆく銭湯、ミニシアターに想いを馳せる。
    生き残る道はないのだろうか。

    自分は光をにぎっている
    いまもいまとてにぎっている
    而(しか)もをりをりは考へる
    此の掌(てのひら)をあけてみたら
    からっぽではあるまいか
    からっぽであったらどうしよう
    けれど自分はにぎっている
    いよいよしっかり握るのだ
    あんな烈しい暴風(あらし)の中で
    掴んだひかりだ
    はなすものか
    どんなことがあっても
    おゝ石になれ、拳
    此の生きのくるしみ
    くるしければくるしいほど
    自分は光をにぎりしめる

    山村暮鳥「自分は光をにぎつている」
    「山村暮鳥詩集」所収

    カネコアヤノさん「光の中へ」を聞くラスト
    形あるものが消えても
    掌に握った光は消えないと信じていいのだと
    最後は、観る者に希望を任されたように、静かな淡々とした世界から、明るい気持ちで劇場を後にした。

    違反報告