エンテベ空港の7日間:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
エンテベ空港の7日間
エンテベ空港の7日間

エンテベ空港の7日間

2019年10月4日公開、107分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

これまでに3度映画化された、歴史的な飛行機ハイジャック事件とそこで繰り広げられた奇跡の救出劇を、史実を再検証して描いた政治サスペンス。W主演となるハイジャック犯役を、『ラッシュ プライドと友情』のダニエル・ブリュールと、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクが演じ、『エリート・スクワッド』でベルリン映画祭金熊賞を受賞したジョゼ・パジーリャがメガホンをとる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1976年6月27日。イスラエルの都市テルアビブからパリへ向かうエールフランス機が、4人のハイジャック犯に乗っ取られる。ウガンダのエンテベ空港に着陸し、旧ターミナルに乗客を監禁した犯人たちは、500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求。多数の自国民を人質に取られたイスラエル首相は、交渉の道を探りながらも、秘密裏に大胆不敵な人質奪還計画を進めていく。

作品データ

原題
7 DAYS IN ENTEBBE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
107分
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5 /13件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?