見えない目撃者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

見えない目撃者

2019年9月20日公開,129分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2011年の韓国映画『ブラインド』を『重力ピエロ』の森淳一監督でリメイクしたサスペンス。『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』などの吉岡里帆を主演に、ある事故で視力を失った元警察官の女性が、高杉真宙演じる男子高校生と共に、女子高生を狙う連続殺人事件の真相を暴こうとする姿を描く。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

見えない目撃者

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

将来を嘱望されながらも自らの過失による事故で、視力と最愛の弟を失った浜中なつめ。失意のどん底にいた彼女は、ある日、車の接触事故に遭遇する。女性の助けを求める声を耳にしたと警察に訴えるが、聞き入れてもらえない。警察時代に培った判断力から誘拐事件と確信した彼女は、もう一人の目撃者である高校生を捜そうと、動き出していく。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
129分

[c]2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ [c]MoonWatcher and N.E.W. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/11/10

    【賛否両論チェック】
    賛:他人に無関心な社会が引き起こした惨劇に、観ていて考えさせられる。盲目のヒロインと猟奇殺人鬼との息詰まる攻防にも、思わずハラハラさせられること必至。クライマックスも壮絶。
    否:グロシーンがかなり多いので、苦手な人は観られない。

     視力を失ったなつめが遭遇する、謎の少女失踪事件。警察でさえ気づかなかったその事件を追うに連れて浮かび上がってくるのは、我が子にすら無関心な現代社会の暗部です。
     そんななつめが辿り着く真実が、やがて壮絶なクライマックスへとつながっていく様には、観ていてとてもハラハラさせられます。
    「私はまだ諦めない・・・世の中も自分自身も!!」
    という言葉にしびれました。
     ただ難点をいえば、やはり猟奇殺人事件が本題なので、グロシーンが非常に多いこと。肉体損壊の描写がかなりあるので、苦手な人は絶対に観られないと思います。
     サスペンスやミステリー等が好きな方には、オススメの作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ツヨシ

    3.0
    2019/10/5

    残念でした。前半はほんとに引き付けられて後半が楽しみだったが、後半のチープなストーリーはがっかりだった。
    吉岡ちゃんの演技だけが光ったかな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/9/29

    映画の内容は、ミステリっていうより、スリラーサスペンスというか。
    連続猟奇殺人鬼とのチェイスもの。
    警察が間抜けすぎるのと、殺人鬼がなかなか主人公を殺さないのが引っかかってしまいましたが、全体に面白く。
    冒頭の複数のシーンが伏線になってるのが見え見えで、落ちは予想の範囲内ではあったものの、すっきりしたし。

    何より吉岡里帆ちゃんの「見えない」演技がよかった。
    案外、眼球のコントロールって難しいんですよ。

    あと吉岡と、高校生の少年役の高杉真宙くんとのバディものを期待していくと、けっこうエグく感じちゃうかも。
    肉体損壊部位のクローズアップや、刃物が肉体に埋まっていくシーンなど、グロテスクな表現から逃げていないのだ。
    年齢制限はなるほど、と。
    そのあたり、逆に私は好感を持ったのですけれども、一般的にはどうか。

    違反報告