典座 -TENZO-:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
典座 -TENZO-
典座 -TENZO-
-

典座 -TENZO-

2019年10月4日公開、59分、ドキュメンタリー/ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    4
  • みた
    4
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

全国曹洞宗青年会製作、「バンコクナイツ」の富田克也が監督し、ドキュメンタリーとフィクションを交え3.11以降の仏教の意義を探求する。本山での修行後、山梨の寺に戻り家族と暮らす智賢。一方津波で全てを失った兄弟子の隆行は本堂再建を諦めきれずにいる。日本曹洞宗の開祖・道元禅師が著した『典座教訓』を軸に、現代日本にとって信仰とは何か探り、今を生きることを紐解いていく。全国曹洞宗青年会の僧侶たちが出演。第72回カンヌ国際映画祭批評家週間特別招待部門正式出品作品。

ストーリー

兄弟子の倉島隆行(僧名・リュウギョウ)と弟弟子の河口智賢(僧名・チケン)は、本山での修行期間を終え、それぞれ自らの生まれた寺へ戻っていった。それから10年。智賢は富士山の裾野に広がる山梨県都留市にある耕雲院で、住職である父、母、妻、そして重度の食物アレルギーを抱える3歳の息子と共に暮らしている。智賢は全国曹洞宗青年会副会長を務めており、また、いのちの電話相談や精進料理教室、ヨガ坐禅など、意欲的な活動を続けている。一方、福島県沿岸部にあったかつてのお寺も家族も檀家も、すべてを津波によって流されてしまった隆行は、今では瓦礫撤去の作業員としてひとり仮設住宅に住みながら、本堂再建を諦めきれずにおり……。

予告編・関連動画

典座 -TENZO-

予告編

2019/9/6(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
空族
初公開日
2019年10月4日
上映時間
59分
製作会社
全国曹洞宗青年会
ジャンル
ドキュメンタリーヒューマンドラマ

[c]全国曹洞宗青年会
[c]キネマ旬報社