Winny:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
Winny
Winny
4.2

Winny

2023年3月10日公開、127分、社会派/ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,143
  • みた
    566
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

革新的ファイル交換ソフト“Winny”開発者の不当逮捕と戦った人々の実話を映画化。“Winny”による違法アップロードが社会問題化。逮捕者が続出する中、著作権法違反幇助の容疑で開発者の金子勇が逮捕され、弁護士の壇俊光らが弁護団を結成する。出演は「草の響き」の東出昌大、「夜明けまでバス停で」の三浦貴大。監督は「ぜんぶ、ボクのせい」の松本優作。

配信で観る

ストーリー

2002年、開発者・金子勇(東出昌大)は、簡単にファイルを共有できる革新的なソフト“Winny”を開発、試用版を“2ちゃんねる”に公開する。彗星のごとく現れた“Winny”は、本人同士が直接データのやりとりができるシステムで、瞬く間にシェアを伸ばしていく。しかし、その裏で大量の映画やゲーム、音楽などが違法にアップロードされ、ダウンロードする若者も続出したことから、次第に社会問題化していく。違法コピーした者たちが次々と逮捕される中、開発者の金子も著作権法違反幇助の容疑により、2004年に逮捕されてしまう。サイバー犯罪に詳しい弁護士・壇俊光(三浦貴大)は、“開発者が逮捕されたら弁護します”と語っていた矢先、金子逮捕の報道を受けて急遽、弁護を引き受けることになり、弁護団を結成。金子と共に裁判で警察の逮捕の不当性を主張するが、第一審は有罪判決を下す。ところが運命の糸が交差し、世界を揺るがす事件へと発展していく……。

予告編・関連動画

ネット史上最大の事件のはじまり『Winny』本編冒頭映像

本編映像

2023/3/20(月)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

ネット史上最大の事件を目撃せよ!『Winny』特集 PR

2000年代に世界中を震撼させた「Winny事件」の真実の物語を描いた『Winny』。革新的ソフトを開発した天才プログラマー・金子勇とのつながりを、実在する天才を描いた映画から読み解くコラムや、ネットのモラルについて深掘りするレビューなど、徹底的に本作の魅力に迫ります。

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
KDDI ナカチカ
初公開日
2023年3月10日
上映時間
127分
製作会社
映画「Winny」製作委員会(KDDI=Libertas=オールドブリッジスタジオ=TIME=ナカチカ=ライツキューブ)(企画・制作協力:and pictures/制作プロダクション:Libertas)
ジャンル
社会派ヒューマンドラマ

[c]2023 映画「Winny」製作委員会
[c]キネマ旬報社