ファイティング・ファミリー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ファイティング・ファミリー
ファイティング・ファミリー
3.9

ファイティング・ファミリー

2019年11月29日公開、108分、ヒューマンドラマ
350
167
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

WWEの女性プロレスラー、ペイジの実話に基づくドラマ。イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家の兄妹ザックとサラヤは、WWEのトライアウトに参加する。そこで妹のサラヤだけが次のステージへと進み、一人でフロリダへ行くことに。出演は、「トレイン・ミッション」のフローレンス・ピュー、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のレナ・ヘディ、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のニック・フロスト、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のジャック・ロウデン、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のヴィンス・ヴォーン。また、製作を務めた「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンが本人役で出演している。監督・脚本は、ドラマ『The Office』を手掛け、本作が劇場用長編第1作目となるスティーヴン・マーチャント。

配信で観る

ストーリー

イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家は、レスリングによって結束している。中1のときからリングに立ち、特にレスリングを愛する18歳のサラヤ(フローレンス・ピュー)は、ジムに通う子どもたちにレスリングを教えながら、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っていた。兄ザック(ジャック・ロウデン)もプロレス好きだが、愛する彼女と結婚し、普通の家庭を持ちたいという夢もあった。そんな兄妹がトレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWEのトライアウトに参加する機会を得る。そこで尊敬するドウェイン・ジョンソンと対面した二人は、大喜びでトレーニングに勤しむが、サラヤだけが次のステージに進み、フロリダに行くことに。サラヤは兄と一緒に行きたいと言い張るが、ザックは家族みんなのために一人でも行ってほしいと説得する。しぶしぶ承知したサラヤは、リングネームを“ペイジ”に決め、家族と離れて渡米する……。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Fighting with My Family
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
パルコ
初公開日
2019年11月29日
上映時間
108分
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社