劇場|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場

2020年7月17日公開,136分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芸人として活躍する一方『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹による恋愛小説を、行定勲監督が映画化。永田が脚本・演出を手掛ける劇団は公演の度に作風を酷評され、解散状態に。理想と現実の間で苦しむ中、女優を夢見る沙希と出会い、彼女の家に転がり込む。劇作家を目指す不器用な永田と健気に彼を必死に支えようとする沙希の恋を、「ヲタクに恋は難しい」の山﨑賢人と「蜜蜂と遠雷」の松岡茉優が紡いでいく。また、シンガーソングライターの曽我部恵一が本作の音楽を手がけた。

東京でのロケ撮影の裏側に迫る!「東京ロケーションボックス」特集

PR

映画やドラマのロケ撮影を支える組織「東京ロケーションボックス」について、 実際に支援した作品や撮影時の裏話、ロケ地の情報などをご紹介!

予告編・関連動画

劇場

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学からの友人と立ち上げた劇団おろかで永田(山﨑賢人)は脚本・演出を担当しているが、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放し劇団は解散状態に。演劇に対する理想と現実との間で悩み、言いようのない孤独を抱える永田。そんなある日、同じスニーカーを履いた沙希(松岡茉優)を見かけ、自分でも驚くほどの積極性を発揮し声をかける。突然の出来事に戸惑う沙希だったが、様子のおかしい彼を放っておけず、一緒に喫茶店に行く。沙希は女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っていた。金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、二人は一緒に暮らし始める。自分の夢を重ねるように永田を応援する沙希。永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
吉本興業
上映時間
136分

[c]2020「劇場」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2020/8/4

    ある種の生きにくさを抱えた人やその近隣に住む人たちの困難な心理を巧みに描いた大作。裏を返せば、この生きにくさには定型的なところがあるので、適切な社会的心理的サポートがあれば、多少なりとも生きにくさが軽減され、ここで描かれたような悲恋にはならなかったのではないだろうか。同年代の友人・知人はそこそこいるのだが、主人公たちに対して最も必要な援助をすることは同世代の人には難しい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告