Red|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Red

2020年2月21日公開,123分
R15+
  • 上映館を探す

島本理生が家庭を持つ女性の官能と苦悩を綴った不倫小説を「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が映画化。ごく普通に結婚しかわいい娘に恵まれ、塔子の生活には何の問題もないはずだったが、かつての恋人・鞍田と再会し、徐々に心も身体も解放していく。やり場のない思いから解き放たれていく塔子を「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の夏帆が、昔の恋人・鞍田を「パラダイス・ネクスト」の妻夫木聡が演じるほか、「火口のふたり」の柄本佑、「殺さない彼と死なない彼女」の間宮祥太朗らが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

誰もがうらやむ夫・村主真(間宮祥太朗)と結婚、かわいい娘にも恵まれ、塔子(夏帆)は何も問題のない生活を送っていたはずだった。かつての恋人・鞍田秋彦(妻夫木聡)と10年ぶりに再会し、ずっとやり場のなかった塔子の気持ちを少しずつほどいていく。しかし鞍田にはある秘密を抱えており……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作国
日本
配給
日活
上映時間
123分

[c]2020『Red』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • Movie Walkerユーザー

    5
    2020/1/30

    完成披露プレミア上映会にて

    決して楽しい映画ではない。
    生きる事の辛さ、苦しさと対峙し、自分が心から素直に求めるものを得ようと悶え苦しむ様を応援している自分がいた。

    自分がそうしたいと思うことには、沢山の障害や抵抗がある。
    それでも、覚悟を持って挑もうとする姿を見て勇気を貰った。

    夫と、子を置き去りに、
    前を向いて進む塔子は格好いいし、羨ましい。

    塔子さんの覚悟のほんの僅かでも自分に取り込みたいと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告