再会の夏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

再会の夏

2019年12月13日公開,83分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールから敬愛された映画監督ジャック・ベッケルを父に持つ名匠ジャン・ベッケルが、同名のベストセラー歴史小説を映画化。第一次世界大戦後のフランスの片田舎を舞台に、主人を待ち続ける一匹の犬と勲章にまつわる物語を描き出す。『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ、『ダリダ~あまい囁き~』のニコラ・デュボシェルが共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1919年、夏。終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎で、ジャック・モルラックは人気のない留置所に収監され、頑なに黙秘を続けている。パリからやって来た軍判事のランティエ少佐は、第一次世界大戦で武勲を挙げたモルラックを軍法会議にかけるか否かを決めかねるなか、留置所の外で吠え続ける一匹の犬が気になり始める。やがて、モルラックについて調べるうち、農婦にしては博学な恋人の存在を知る。

作品データ

原題
Le Collier Rouge
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
フランス=ベルギー
配給
コムストック・グループ
上映時間
83分

[c]ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA - UMEDIA [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/12/28

    淡々とした物語ね。
    犬、あんまり関係ない。
    でもまぁ、ちゃんと調べて貰えたのは、犬のお陰か‥

    ジャックが、面倒臭いお子ちゃまで、残念な感じしかない。
    騒ぎ起こしてだんまりで、その理由があんなじゃ、振り回された周囲の大人たちは骨折り損だな。
    本人にはショックだったのは分かるけど、逃げちゃ駄目じゃん。

    そりゃあ彼女は妬きたくなるくらい魅力的だけどね?

    最悪な事態も無く、悪人不在の物語。
    戦後の、皆が傷付いて、静かに日常を送っている雰囲気は嫌いじゃない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告