ジョン・F・ドノヴァンの死と生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

2020年3月13日公開、123分、サスペンス・ミステリー
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『たかが世界の終わり』で第69回カンヌ国際映画祭グランプリに輝いたグザヴィエ・ドラン監督による初の英語作品。幼少期にレオナルド・ディカプリオにファンレターを送ったドラン監督自らの思い出に着想を得ている。監督がモデルになっている主人公の少年ルパートを『ルーム』のジェイコブ・トレンブレイが、彼が憧れる俳優ジョン・F・ドノヴァンを『ポンペイ』のキット・ハリントンが演じるほか、ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、キャシー・ベイツら豪華キャストが出演。

予告編・関連動画

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

予告編

2019/11/28(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2006年、ニューヨーク。大ヒットテレビシリーズに出演し、一躍スターとなったジョン・F・ドノヴァンが、29歳という若さでこの世を去る。謎に満ちた彼の死の真相を知るのは、ドノヴァンと秘密の文通をしていた11歳の少年ルパートだけだった。それから10年後、新進俳優となったルパートは、ドノヴァンと交わした100通以上の手紙を1冊の本にまとめて出版し、自らが知るすべてを話すべく取材を受けることを決意する。

作品データ

原題
The Death and Life of John F. Donovan
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
カナダ=イギリス
配給
ファントム・フィルム=松竹
上映時間
123分
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3 /22件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?