サイレント・トーキョー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
サイレント・トーキョー
サイレント・トーキョー
3.5

サイレント・トーキョー

2020年12月4日公開、99分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,615
  • みた
    826
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「アンフェア」シリーズで知られる作家の秦建日子が、ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて執筆した小説を映画化。連続爆破テロ事件が発生したクリスマス・イブの東京を舞台に、騒ぎに巻き込まれ翻弄されていく人々の人間模様を描きだす。テロの容疑者を演じる佐藤浩市をはじめ、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリスら実力派キャストが顔をそろえる。

配信で観る

ストーリー

聖なるクリスマス・イブの日。恵比寿に爆弾を仕掛けたという電話がテレビ局に入る。半信半疑で中継に向かったテレビ局社員と運悪くその場に居合わせた主婦は、爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。そんななか、犯人の要求が“テレビの生放送で首相と対談すること”であると判明。しかし、それが受け入れられない場合、次なる標的となった渋谷ハチ公前付近で爆弾が爆発するという。

予告編・関連動画

サイレント・トーキョー

予告編

2020/7/17(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
東映
初公開日
2020年12月4日
上映時間
99分
製作会社
Silent Tokyo Film Partners(電通=東映=ROBOT=ユニバーサル ミュージック=TCエンタテインメント=アスミック・エース=河出書房新社=朝日放送テレビ=朝日新聞社=メ~テレ=ポニーキャニオン=ねこじゃらし=東京スポーツ新聞社=広島ホームテレビ)(製作幹事:電通=東映/制作プロダクション:ROBOT)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2020 Silent Tokyo Film Partners
[c]キネマ旬報社