冬時間のパリ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

冬時間のパリ

2019年12月20日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「パーソナル・ショッパー」のオリヴィエ・アサイヤス監督による大人のラブストーリー。紙からデジタルへ、テクノロジーの進化と共に変化を迫られるパリの出版業界を舞台に、編集者と女優、作家と政治家秘書という2組の夫婦の愛の行方を軽妙なタッチで映し出す。出演は「真実」のジュリエット・ビノシュ、「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」のギョーム・カネ、「セラヴィ!」のヴァンサン・マケーニュ。第31回(2018)東京国際映画祭にて「ノン・フィクション」のタイトルで上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス、パリ。敏腕編集者のアラン(ギョーム・カネ)は電子書籍ブームが押し寄せるなか、なんとか時代に順応しようと腐心する日々。そんなある日、作家で友人のレオナール(ヴァンサン・マケーニュ)から、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。レオナールは、我が道を行く私小説作家で、アランは内心、彼の作風はもう古臭いと感じていた。ところが、アランの妻で女優のセレナ(ジュリエット・ビノシュ)の意見は正反対だった。最近、アランとセレナの関係はあまり上手くいっているとはいえず、アランは年下の部下・ロール(クリスタル・テレ)と不倫中。一方、セレナの方もレオナールの妻で政治家秘書のヴァレリー(ノラ・ハムザウィ)に内緒で、彼と秘密の関係を結んでいるのだった……。

作品データ

原題
Doubles Vies
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
フランス
配給
トランスフォーマー
上映時間
107分

[c]CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME [c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?