海辺の映画館-キネマの玉手箱:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
海辺の映画館-キネマの玉手箱
海辺の映画館-キネマの玉手箱
3.8

海辺の映画館-キネマの玉手箱

2020年7月31日公開、179分、SF/ファンタジー
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    597
  • みた
    179
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『時をかける少女(1983)』などの名匠・大林宣彦監督が、故郷である尾道を舞台に、無声映画やトーキー、アクション、ミュージカルなど様々な映画表現を用いて描く戦争ドラマ。3人のメインキャストとそれぞれの運命のヒロインを、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、成海璃子、山崎紘菜が演じるほか、常盤貴子、武田鉄矢、稲垣吾郎、浅野忠信、満島真之介ら豪華キャストが参加する。

配信で観る

ストーリー

尾道にある海辺の映画館「瀬戸内キネマ」の閉館に合わせ、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映が行われた。これを見ていた3人の青年は、突如劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンに映し出されている世界にタイムリープしてしまう。戦争の歴史を身をもって体験していく彼らは、やがて原爆投下前夜の広島にたどり着き、そこで移動劇団「桜隊」に出会う。

予告編・関連動画

海辺の映画館-キネマの玉手箱

予告編

2020/6/9(火)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

映像の魔術師・大林宣彦の世界【『海辺の映画館-キネマの玉手箱』特集】 PR

余命3か月を宣告されながらも、故郷である尾道を舞台にした超大作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、今年4月10日に82年の生涯に幕を下ろした大林宣彦監督。本特集では大林監督が手掛けた作品群から、その平和へのメッセージを解き明かす。

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
初公開日
2020年7月31日
上映時間
179分
製作会社
「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会(吉本興業=TANAKA=バップ=アミューズメント総合学院)(製作プロダクション:PSC)
ジャンル
SFファンタジー

[c]2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
[c]キネマ旬報社