エジソンズ・ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エジソンズ・ゲーム

2020年6月19日公開,108分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

天才発明家トーマス・エジソンと、カリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスが、アメリカ初の送電システムを巡って繰り広げた世紀のビジネスバトルを映画化。『アイリッシュマン』のマーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・カンバーバッチがエジソンを、『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンがウェスティングハウスを演じる。

予告編・関連動画

エジソンズ・ゲーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1882年、天才発明家として崇められていたエジソンは、電球を灯すことに成功。だが、裕福な実業家ウェスティングハウスは、エジソンの考える“直流”による送電方式より、安く遠くまで電気を送れる“交流”の方が優れていると提唱する。1886年、ウェスティングハウスは交流方式の実演会を成功させ、世間の話題をさらう。これに激怒したエジソンが交流方式の危険性を訴えたことで、“電流戦争”の火ぶたが切って落とされる。

作品データ

原題
The Current War:Director’s Cut
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
KADOKAWA
上映時間
108分

[c]2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.2
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2021/1/31

    エジソンの事は偉人伝などでもよく観るけど ウェスティングハウスの事は全く知りませんでした。 このような送電方式の争いがあったことで 社会の発展が進んでいったのですね。 作品中のエジソンは思い描いていたエジソンよりも 人間味が見えてちょっと影のあるエジソンでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    サラ

    3.0
    2020/11/30

    ベネさんはやはり天才役がよく似合いますね〜❤️トムホとのチームワークも良かった。電流戦争については全く知らなかったので、ウェスティングハウスさんとのバトルが面白かった。仕事にかける情熱が半端ないですね。この年代に特許争いが激しかったことには驚きました。ニコラスホルト君のテスラはなんか不憫でしたね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    kirakukai

    2.0
    2020/9/13

    え〜と、すいません。エジソンがヒールだったこともあり、人の名前と顔を覚えるのが苦手なんです。登場人物たちの相関図の理解に時間がかかり、内容もイマイチだった。一席空きつつも斜め前2席、左右席が女性だった。中村倫也が出ているわけではないので、純粋に映画を観に来てるんだろけど、リケジョなのか

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2020/7/12

    電気の黎明期にこんなことがあったのかと、とても興味深かったです。 史実を知れたという点でもよかったし、単純に映画(エンタテイメント)としても楽しめて、観てよかったです。 ただ、予告編の印象とはだいぶ違いましたが。。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2020/7/5

    電流戦争、その使い道に焦点があてられ発明の喜ばしさとか、発明の過程が大してないことに肩を落とす。発明した物を人々の生活の役に立つことは発明家にとって冥利に尽きるが、戦争や処刑の道具になるのは手放しで喜べるのか。 そりゃ、エジソンも人のこですから、投資家に出資してもらわねば動けない。ウェスティングハウスに対して(仕組まれてしまったわけだが)黒いことをするなぁ、棄てるわけないでしょう、そんな重要機密な書類… 博覧会、現代で言えば万博か。昔はすごく夢やロマンを感じることができたに違いない。全くないものから生まれるのだから。 情熱の熱量は同じ。利益も重要だがなにより発明からのワクワク感はどちらも負けていない。互いに相通じるものを理解できただけでも良かったなぁ。しかしナイアガラの交流発電機はすごいな。 ただ、スコセッシを製作に実力あるキャストだったんだが、もう少しパンチがないと興味がそそられない…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    馬ザップん

    2.0
    2020/7/3

    見終わって思ったのは日本語タイトルが今一だな。内容はまあまあだね。でも、展開が速すぎるので中々、入ってこないなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ほづほづ

    5.0
    2020/6/27

    新潮社 中瀬ゆかりさんの5時夢レビューで楽しみにしていました(^^) やはり親方の目に狂いはない(^^)d 邦題をエジソンズ・ゲームにしたのも素晴らしい(^o^)/ エジソンはアメリカに愛されていますね(ToT)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ぺこす

    4.6
    2020/6/26

    ワインスタインのクレジットが本当にないのか確かめるためにもう1回みたい。すばらしい映画だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/6/22

    エジソンは天才故にお金儲けに無頓着で、ひらめいた世界を実現する事だけに夢中で、時々駄々っ子。誰か凄く冷静な実業家が特許を取ったり契約したり・・って部分を担って居ないといけないんだなぁ‥ ジョージ・ウェスティングハウスが適任だったのかもしれない。 何かが違っていたなら、あんな敵対しなくて済んだんだろうし。 でも、相手の粗を探して評判落として足の引っ張り合い・・ってどこの世界でも定石で、今の政治でもそうだし、私は幕末の頃の攘夷軍の手法を思い出したわ。 エジソンが電球と言うものを試行錯誤して発明して、その過程で、失望したり、激怒したり、希望を見出したり。 成功した時の感情。そこから更に性能を上げていく時の高揚感。仲間たちと味わった感情。その経験を持っているのは開発者だけ。 試合に勝利しても、最初っから、勝ち目なんて無いんだな。 語るエジソンと、それを聞くウェスティングハウス。 この美しいシーンが有る事の意味を感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2020/6/21

    【賛否両論チェック】 賛:エジソンやウェスティングハウスを始めとする様々な人間によって、今日の電力供給の礎が築かれたという事実に、思わず考えさせられる部分が多い。豪華なキャストの重厚な演技も味わい深い。 否:理論的にも構図的にも難しい話が多いので、興味を惹かれないと眠くなってしまうこと請け合い。主人公の人柄ややり方にも、やはり感情移入するのは難しいかも。  天才でありながら、その人間性故に事業に苦戦するエジソンと、着実に勢力を広げていく実業家のウェスティングハウス、そして野心に燃える天才・テスラや、全身全霊でエジソンを支え続ける秘書・インサルと、実に様々な人物達の運命が交錯し合いながら、いかにして“電力供給”という今日の人類の発展へと繋がっていったのか。それを考えると難解な理論の話も、すごく感慨深く思えてくるようです。ベネディクト・カンバーバッチやマイケル・シャノンの味のある深い演技も、また物語を際立たせていて、観ているだけで圧倒されるものがあります。  ただ大方観る前から想像出来るように、お話自体はやや小難しいといいますか、送電システムを始めとする理論的なお話だったり、色々な人物が登場してくるその構図だったりと、興味がないと眠くなってしまうような事柄が満載な印象でもあります(笑)。  そしてやはり主人公・エジソンの、手段を選ばない狡猾なやり方や、自分本位に見えてしまうその人間性にも、なかなか共感というか感情移入というか、どうしても理解していくのが難しい部分でもあります。  対立関係の詳細や、時系列でみる全体像等、初見だとなかなか把握するのが大変だったりもするので、可能であれば予備知識を持ってから観るのが望ましい、そんな映画といえるかも知れませんね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2020/6/19

    カンバーバッチ主演なので、エジソンがかっこいい人格者に描かれるかと思いきや。 観ていると、ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)に肩入れしたくなるほど、エジソンの性格が悪いw 『ドクター・ストレンジ』冒頭の、カンバーバッチの「いけ好かない奴」演技が全編通して続きます。 1880年代のアメリカで起きた、エジソン直流 vs.ウェスティングハウス、ニコラ・テスラの交流という、いわゆる「電流戦争」を描いた作品。 原題自体、「The Current War(電流戦争)」だから、こっちの方が歴史の知識があれば分かりやすいが、日本だと馴染みないからこの邦題という。 戦争の結果は周知のことではあるが、上手い切り取り方と繋ぎ方で、(若干の中だるみを感じなくもなかったが)飽きることなく最後まで引っ張っていった演出と編集には拍手。 本作は同時に、処刑道具の電気椅子の開発裏話があり、そちらの面でも興味深い。 それはともかく。 アメリカで2017年に公開されたのに、日本には3年遅れって、時間経ちすぎ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    skuraata2018

    4.0
    2020/6/19

    今作で衣装を手がけるのはマイケル・ウィルキンソン。最近では実写版のアラジンで架空のアラビア世界の豪華絢爛な表現していた。今回はまだ電気がまともに無い時代のアメリカを舞台にしているから、衣装も明かりが不十分な状態で如何に魅せるかを意識して作られていた。 インタビューによれば、登場人物の衣装はそれぞれの性格を意識したものになっているよう。 お気に入りはニコラス・ホルト演じるテスラの衣装。 今回の役のために蓄えられた口髭と衣装が似合う。 素敵な衣装だらけで欲を言えば、もっと明るい画面で観たかった。衣装の見えにくさが電気のありがたみを示しているかのようだった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告