ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

2021年5月7日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督がメガホンをとり、すれ違う夫婦の姿をファンタジックに映し出したラブストーリー。第72回カンヌ国際映画祭で将来有望な若手俳優に贈られるショパール・トロフィーを受賞したフランソワ・シビルが主人公ラファエルを、『最後のマイ・ウェイ』のジョセフィーヌ・ジャピが妻オリヴィアを演じる。

フォトギャラリー

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像1
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像2
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像3
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像4
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像5
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 画像6

予告編・関連動画

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚10年目を迎えたラファエルとオリヴィア。ラファエルはベストセラーSF作家として活躍し、妻のオリヴィアは小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指していた。しかし、仕事ばかりのラファエルに我慢できなくなったオリヴィアが、彼に思いをぶつけたことで大ゲンカに発展。そして翌日、ラファエルが目覚めると、お互いの立場が逆転した“もう一つの世界”になっており、オリヴィアはラファエルのことを知らなかった。

作品データ

原題
Mon inconnue
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス=ベルギー
配給
シンカ
上映時間
118分

[c]2018/ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS [c]キネマ旬報社

  • 飛ばない鳥
    飛ばない鳥
    2.8
    2021/5/21

    ストーリーが完結していません。
    消化不良です。

    違反報告
  • たるたるご
    たるたるご
    4.0
    2021/5/15

    劇場で予告編を観てから丸1年待って、ようやく本編を観ることが出来ました。無事に上映できて、本当に良かった。そして監督が?日本贔屓なのも親近感が湧きました。
    主人公の元の世界と別の並行世界でどんな選択肢を選ぶのか...結局のところは彼女の決断や、何より友人の支えがあってこそ、かな。

    違反報告
  • りえとみ
    りえとみ
    4.0
    2021/5/9

    フランス映画らしいエスプリの効いた映画でした。最近観た映画の中では久しぶりにハッピーエンドな終わり方で、観て良かった〜な印象でした。

    違反報告
  • 馬ザップん
    馬ザップん
    4.0
    2021/5/8

    ストーリーが中々面白いし、よく出来ていると感心。世界が変わっても愛は不変と言うエンディングにするとは!。

    違反報告
  • とし
    とし
    4.0
    2021/4/17

    2021年4月17日
    映画 #ラブ・セカンド・サイトはじまりは初恋のおわりから (2019年)鑑賞
    オンライン試写会

    パラレルワールドもので、コメディ要素も散りばめてありますが基本純愛映画です
    友人のフェリックスがいい味出してます
    エンディングも、余計なものが一切ないのでスッキリ見終われてよかった

    違反報告
  • shiron56158431
    shiron56158431
    5.0
    2020/4/15

    ラストの展開に驚きました。
    そうきたか…。さすがフランス映画。

    人生をやり直すチャンスがあれば…
    そんな“タラレバ”は大なり小なり誰にでもあると思いますが、そんな夢を叶えてくれる映画が大好きです。
    時間や時空を越える主人公の“タラレバ”を擬似体験する興奮!
    それに、なんと言っても映画を見終わって現実に戻った時に「これからだって変われる!」とか「目の前に居る人との時間を大切にしよう…」と思えるところが好きです。

    ネタバレしない程度に伝えるのは難しいのですが…
    この映画を観終わって現実に戻った時「自分の事ばかりではなく、大切な人の幸せについて」考えさせられました。
    “愛されるよりも愛したいマジで”な気分になれる映画です。
    そして“愛する”って言葉には、まだまだ自分発信で相手に働きかけるイメージが残りますが、
    “究極の愛”とか“無償の愛”レベルになると、もはやそこに“自分”の出番は無くて、相手の存在そのものを最大限にリスペクトすることに尽きるのかも。
    自分の幸せより相手の幸せ。
    個人の幸せよりも大勢の幸せ。
    決して自己犠牲ではなく「あなたがいてくれて、ありがとう。」と思えるって素敵だなぁと感じました。

    主人公が迷い込んだ別次元では、二人の立場が違うだけではなく、主人公本人の生活スタイルはもちろん、価値観まで違っていて驚きました。
    なるほど。“誰と出会うか”によって人生が変わるのだとしたら、“誰と出会わなかったか”によっても人生が変わるんだ!
    彼女に出会わないままだったら、確かにこんなノリの男だったかもww

    二人の出会いもドラマティックで素敵なのですが、オープニングで一気に二人の歴史を見せていくところがオシャレで、否が応にも想像力を掻き立てられます。
    ストーリーに戻る頃には、すっかり二人の事を昔から知っているような気持ちで入り込んでいるので、心がすれ違う二人を見るのは本当に辛く、序盤から落ち込んでしまいました(^^;)

    主人公のラファエルは嫌な奴なので、感情移入しにくいですがww
    とにかくオリヴィアちゃんが可愛い(≧∀≦)
    やる事なす事かわいくて、好きになっちゃいます。
    そして、ピアニストとしての彼女の演奏シーンが圧巻!!
    ラストへ繋がる説得力が増します。

    全編を通して二人の心の機微の演出がとても繊細で素敵でした。
    とくに二人の心が通い合って「あ。恋に落ちたな。」とわかる瞬間が素晴らしい!!
    「理屈ではなく惹かれ合う」といったシチュエーションをリアルに感じて、すごくドキドキしました。

    あと、どうしても書いておきたいのは、悪友の面白さ!!
    フランスでは有名なコメディアンなのかしら?
    『セラヴィ!』の新郎役も笑えましたが
    一人芝居が抜群に面白くて、今回も爆笑してしまいました。
    主人公に大切な事を思い起こさせるキーマンとしても魅力的な役でした(*´꒳`*)

    そもそも、誰かの人生の擬似体験をしたくて映画を観るのかもしれませんね。
    欲張りな私は、何通りもの人生を体験したくて映画を見るのかも。(^◇^;)

    違反報告