映画 えんとつ町のプペル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画 えんとつ町のプペル

2020年12月25日公開,100分

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が手がけた絵本を映画化したアニメーション。煙突だらけで空全体を黒い煙に覆われた“えんとつ町”を舞台に、煙の向こうには“星”があると信じる少年ルビッチと、ゴミから生まれたゴミ人間のプペルが起こす奇跡の物語を紡ぐ。『鉄コン筋クリート』や『海獣の子供』などのSTUDIO4℃がアニメーション制作を担当し、原作者である西野自身が製作総指揮と脚本を務める。

予告編・関連動画

映画 えんとつ町のプペル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

黒煙に空を閉ざされた“えんとつ町”の住人たちは、空に星があるなどとは誰も想像もしていない。一方で、えんとつ掃除屋の少年ルビッチだけは、いつも空を見上げてはそこに輝く星の存在を信じていた。そんなルビッチを町の住人たちは嘘つきだと笑い、一人ぼっちになってしまった彼は、あるハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間のプペルと出会う。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
東宝=吉本興業
上映時間
100分

[c]Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd. [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.2
  • ドワーク

    1
    1ヶ月前

    つまらない。
    映画と言うよりも自己啓発セミナーような内容で、同じセリフがリピートされて苦痛だった。

    映像もキラキラし過ぎていて、粗悪なソーシャルゲームのようだった。
    ストーリーがつまらないので中身のない映画でした。
    一緒に観た友人もつまらなかった何これ?って言ってました。
    見に行って後悔しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Oki Aon

    1
    1ヶ月前

    絵はきれいだけど、脚本に難ありです。
    主人公がたまたま知り合ったゴミ人間と星を見に行くだけのストーリーと「下を見るな、上を見ろ、夢を信じ続けるんだ」という中小企業の社訓のようなメッセージ。
    登場人物は作者の主張の操り人形でしかないのでドラマは盛り上がりません。俺の夢を応援するやつが味方で、応援しないやつは敵。そんな独善的な内容ですから、社長のご高説に心酔できるファンでないと感動できません。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • LOKI

    2
    1ヶ月前

    評価評判を聞いて見たのですが、そこまで高評価の理由がわかりませんでした。確かに絵は綺麗なのですが物語が単調なのと、演出がくどく肝心な成り行きが疎かになっています。
    子供向けなのは理解できますが、だからと言って物語を表現しないのはアニメではないのでは?セリフではなく動きで物語伝えるのがアニメの醍醐味でもあります。一緒に見た10歳の子供も話がつまらないと言って、別の映画の方がお気に入りのようでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告