悪の偶像|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪の偶像

2020年6月26日公開,144分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」のイ・スジン監督によるサスペンス。息子が飲酒運転し人をひき殺し、政治家のミョンフェは揉み消しを画策。現場に居合わせた被害者の妻リョナが行方不明になっており、ミョンフェと被害者の父ジュンシクは各々彼女を探すが……。さらなる悲劇的な事態を招き寄せていく市議会議員ミョンフェと被害者の父ジュンシクをそれぞれ「尚衣院 -サンイウォン-」のハン・ソッキュと「名もなき野良犬の輪舞」のソル・ギョングが、鍵を握るリョナを「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」に主演したチョン・ウヒが演じる。第69回ベルリン国際映画祭パノラマセクション招待作品。

予告編・関連動画

悪の偶像

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

市議会議員のク・ミョンフェ(ハン・ソッキュ)は清廉なイメージで庶民から絶大な支持を得ていたが、ある日、ミョンフェの息子ヨハンが飲酒運転した上に人をはねてしまう。自宅のガレージにはヨハンが運び込んだ身元不明の被害者の遺体が転がり、事故の瞬間を誰にも目撃されていないことを息子に確認したミョンフェは、死体遺棄の罪を免れるため遺体を事故現場に戻し、血のこびりついた車を処分したうえで、ひき逃げ犯としてヨハンを自首させることに。そしてイメージダウンを最小限にとどめるため、記者会見を行う。事故の被害者は、小さな工具店を営むユ・ジュンシク(ソル・ギョング)の一人息子プナンと判明し、ミョンフェは謝罪するため失意のどん底に突き落とされたジュンシクのもとへ。事故はプナンが妻リョナ(チョン・ウヒ)とともに新婚旅行に行っている最中の出来事だった。しかし何故かリョナは行方知れずになっていた。さらにミョンフェが自宅ガレージに取りつけてある防犯カメラの録画映像を確認したところ、被害者プナンは事故後しばらく息があった様子。もしヨハンがまだ生きていたプナンの遺棄を謀った事実が明るみに出れば、ヨハンは殺人犯となり、ミョンフェ自身の政治生命も絶たれてしまう。ミョンフェは裏社会の探偵を雇い、事故現場に居合わせていたに違いないリョナの捜索を開始する。どうやらリョナは中国出身の不法滞在者で、本国に強制送還されることを恐れて姿を眩ましたらしい。一方、失踪したリョナが妊娠していたことを知ったジュンシクは、リョナと一緒に中国からやってきた異父姉スリョンのもとへ向かうが、スリョンはリョナのことを怪物だと吐き捨てる。それぞれのルートでリョナの行方を追うミョンフェとジュンシク。しかしリョナは予測不能の異常な行動でミョンフェとジュンシクの運命をねじ曲げていく……。

作品データ

原題
IDOL
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
韓国
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
144分

[c]2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    hogeyama

    4.2
    2020/9/10

    政治活動の為にイロイロ歪んでいくので「荊棘の秘密」を思い出したりしたが、ソコから2回転くらいツイストするのはスゴい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    OASYS1985

    4.0
    2020/8/19

    轢き逃げ事件を中心に政治、障害者、移民、親子などの問題を絡めながら骨太で描く力作。残酷的な展開が凄い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Haru

    4.0
    2020/8/15

    韓国映画におけるひき逃げ事故系のサスペンス率の高さ。特に政治家やその家族によるものや身代わりなどなど同じような映画観た気がするなと観る前はやや足が重いのだが、観るとそこは一筋縄ではいかない張り巡らされたストーリー。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちえ

    4.0
    2020/8/9

    政治家が韓国にとってはどれだけ大切な存在であるのかに驚きました。なんだろう、深い話でした。相関図書いてからもう一度観たい映画です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2020/7/4

    出てくる主要キャラ、全員悪人。
    ストーリーはあって無きがごとし。
    はじめの方にあった事件は段々関係なくなり、「実は」と後出し後付けネタが出てきての、殺し合いに転じていくのだが……
    驚かせるのが目的化しているのか、激しい人体損壊シーンも多く、ほとんどスプラッタ・ホラー。
    後味不味く、胸糞悪くなりました。

    違反報告