椿の庭|MOVIE WALKER PRESS
MENU
椿の庭

椿の庭

2021年4月9日公開,128分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大手企業の広告を手掛ける写真界の巨匠・上田義彦の初監督映画。夫を失い、今では亡き娘の忘れ形見である孫娘・渚と共に暮らす絹子。夫の四十九日を終えた彼女が、過去の記憶に想いを馳せ、慈しみながら過ごしていたある日、一本の電話がかかってくるが……。出演は「散り椿」の富司純子、「新聞記者」のシム・ウンギョン、「食べる女」の鈴木京香、「黒衣の刺客」のチャン・チェン。

フォトギャラリー

椿の庭 画像1
椿の庭 画像2
椿の庭 画像3
椿の庭 画像4
椿の庭 画像5
椿の庭 画像6

予告編・関連動画

椿の庭

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつて夫と語り合い、子どもたちを育てた家に、亡き娘の忘れ形見である孫娘の渚(シム・ウンギョン)と暮らす絹子(富司純子)。夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話をしていた金魚が死ぬ。椿の花でその体を包み込み、土に還す絹子。命あるものはやがて朽ちる。日常生活の中で起きる些細な出来事の数々。過去の記憶に想いを馳せ、慈しんでいたある日、絹子の下に一本の電話がかかってくる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
128分

[c]2020“A Garden of the Camellias” film partners [c]キネマ旬報社

  • ちとせ
    ちとせ
    3.0
    1ヶ月前

    昭和の趣ある邸宅、藤の花が印象的な庭、縁側から望む美しい海と水平線。全てが美しい絵葉書のような作品。
    良い映画でしたが、渚役の方の長台詞が、言葉の関係で棒読みになってしまったのが勿体ない。表情や短い一言が自然で素敵だったからこそ、もっと言葉の壁があることを活かして欲しかった。

    違反報告
  • ちゅに
    ちゅに
    2.5
    2021/4/15

    夫を亡くし孫と暮らす老齢の主人公が、椿咲く広大な邸宅を相続税の支払いのために売却を決意する迄を淡々と描いた哀愁物語。昭和に建てられたと思われる屋敷でレコードから流れるポップス。レトロな雰囲気を醸し出しながらゆっくりと時間が流れるように映像も流れていく。身内を失い、自らも老いていく寂しさ、住み慣れた自宅への愛おしさが繊細なまでに良く描かれている。

    違反報告
  • たるたるご
    たるたるご
    5.0
    2021/4/10

    とても上質な作品に巡り会えた。写真家としての監督作品もいくつも観てきたが、1カット毎がまさにスチール写真の作品の如く。四季を通じた庭と家、そこに息づく小さな生き物、海景が主人公たちと変わらぬくらいの存在感で実に美しい...。それだけで終わらず切なさも残り、作品を一層印象づける。

    違反報告