新喜劇王|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新喜劇王

2020年4月10日公開,90分
  • 上映館を探す

チャウ・シンチーが主演・監督を務めた1999年の香港興収1位コメディ「喜劇王」を、女性を主人公にして新たに映画化。女優志望だが、端役や死体役ばかりのモンは、かつてのスター俳優マーの主演作に抜擢される。だが、マーは演技も性格も最低最悪だった。出演は、「アイスマン」シリーズのワン・バオチャン、本作がスクリーンデビューとなるエ・ジンウェン。チャウ・シンチーが監督・脚本・製作を担当し、「イップ・マン」シリーズのハーマン・ヤウが共同監督を務める。

予告編・関連動画

新喜劇王

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

モン(エ・ジンウェン)には映画女優になる夢があるが、万年エキストラのまま、顔すら映らない端役や死体役ばかりだった。ある日、役作りのプチ整形顔がスタッフの目に止まり、かつてのスター俳優マー(ワン・バオチャン)主演の超大作「白雪姫 血のチャイナタウン」に出演が決まる。しかし、マーは演技も性格も最低最悪で、過去の栄光にすがるトラブルメーカーだった。落ちぶれた俳優マーと、底辺から這い上がろうと奮闘するモンの出会いが、2人の人生を大きく変えていく……。

作品データ

原題
新喜劇之王
製作年
2019年
製作国
香港=中国
配給
ツイン
上映時間
90分

[c]2019 The Star Overseas Limited All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • コージィ

    4
    2020/6/14

    大まかな展開は旧作と同じながら、主役を男性から女性に変えてのリブートに、細かいギャグのアップデートがあり。
    巨匠扱いされても、相変わらずくだらない映画を撮るチャウ・シンチー監督。

    主演のエ・ジンウェンは、基本の作りは可愛いのに、さすが女性を汚く撮ることに特異な才能を示す監督だけに、ブスメイクで作中ずっとブサイクに見えました。
    「お前の容姿で映画に出るチャンスはない」と言われ続けていて、心が痛かった。
    昨今の人権的配慮を重んじる風潮を認識しているからか、容姿への容赦ない表現が前作比では格段に減っていたものの、「女優は外見でしかチャンスはない」という以前の風潮に対して批判を込めていたように思う。

    ラストにかけての駆け足すぎる逆転展開は強引で、そのあたりで点数は低めにさせてもらいながらも、作品からは監督の映画や俳優への「愛」があふれているのは伝わってきて、観てるこちらが微笑みに溢れながらの退出となりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告