果てなき船路|MOVIE WALKER PRESS
MENU

果てなき船路

1949年5月14日公開,105分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「荒野の決闘」のジョン・フォードが「怒りの葡萄」のあと「タバコ・ロード」の前に、ウォルター・ウェンジャーのために監督したもので、1940年作品である。ユージーン・オニールの初期の海洋劇4篇に基づいて「世界の母」「男の敵」のダドリー・ニコルズが脚本を書いた。撮影は最近物故した「我等の生涯の最良の年」のグレッグ・トーランドである。出演は「駅馬車(1939)」「拳銃の町」のジョン・ウェイン、「冒険」「駅馬車」のトーマス・ミッチェル、「ベデリア」のアイアン・ハンター、「裸の町」のバリー・フィッツジェラルド、「悪魔の金」のジョン・クェーレン、「荒野の決闘」のワード・ボンド、英国の俳優のウイルフレッド・ロースン、「青春の宿」のミルドレッド・ナットウィック、アーサー・シールズ、ジョセフ・ソーヤー、J・M・ケリガン等で、音楽はリチャード・ヘイゲマンが作曲している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンドンに船籍をおくグレンケアーン号は、速力ののろい貨物船であるが、西インド諸島の基港に碇泊中も、上陸が許されないので船員ははなはだ不服である。古参水夫のドリスコルはひそかに上陸して、原住民の女たちに果物篭の底に酒びんを隠して船に持参させ、水夫たちは酔いかつ踊りかつ殴り合った。船はアメリカの基港に着いたが、そこでは多量の弾薬を積込み、また上陸禁止となった。出帆直前に新参水夫スミッティは、脱船逃走を試みたが警官に捕えられて乗船させられた。2割5分の手当増額という船長の布告に、やや機嫌を直した船員たちはなかなか神妙に働いた。暴風雨に難航した時も水夫のヤンクが重傷を負うくらいに、皆は一所県命だった。船医もない小貨物船では手当のしようもなく、ヤンクは死んでしまった。船は燈火管制をして英国へ急いだが、スミッティが船長室で酒を盗んだのを、給仕のコッキーは机上にあった暗号帳を見たのだと思い誤る。それで彼はスパイと勘違いされ、大切にしている書類をドリスコルが皆の前で読むと、それはスミッティの妻からの手紙で、彼は酒でしくじった海軍将校のなれの果てと判明する。アイルランドも近づいた日、船はナチの爆撃機に襲われたが幸い爆撃を免れたが、機銃掃射でスミッティが殉職した。船はロンドンに着き、契約満期となったドリスコル、オルセン、コッキー、アクセル、ディヴィス等は勇んで下船した。皆はスウェーデンへ帰るオルセンに切符を買ってやり、陽気に飲んで騒いだ。船員を虐使するので評判の貨物船アミランダ号は、水夫が不足なのでポン引のクリンプにやみ取引を頼む。クリンプは正直そうなオルセンに目をつけ、夜の女フリーダに含めて、眠り薬を入れたビールをオルセンに飲ませる。そして皆が別室で騒いでる間にアミランダ号に連れ込むが、オルセンのオームに教えられドリスコル等は、アミランダ号にあばれ込んで眠っているオルセンを救い出す。ところが最後まで残っていたドリスコルは、船長の棒に打たれて倒れ、そのままアミランダ号は出帆してしまう。皆はオルセンをスウェーデン行きの船に乗客として乗り込ませたあと、ドリスコルと別れてしよ気ながら、グレンケアーン号に帰って来る。ドリスコルはアミランダに乗せられたよ、と聞いてドンキーマンは持っていた新聞を水に捨てた。アミランダ号イギリス海峡で雷撃されて沈没ーと新聞にはあった。オルセンは帰国、ドリスコル、スミッティ、ヤンクは死んだが、グレンケアーン号はまた船路についた。

作品データ

原題
The Long Voyage Home
製作年
1940年
製作国
アメリカ
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?