SKIN/スキン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

SKIN/スキン

2020年6月26日公開,118分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

米国のレイシスト集団“ヴィンランダーズ”の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話を映画化。白人至上主義者グループ主宰者の下で育ち、その中核を担うようになったブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、過去と決別しようとするが……。出演は「ロケットマン」のジェイミー・ベル、「パティ・ケイク$」のダニエル・マクドナルド。監督のガイ・ナティーヴが手掛けた短編「SKIN」がアカデミー賞短編実写賞を受賞したことで、長編映画化が実現した。

予告編・関連動画

SKIN/スキン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

反ファシスト抗議を行う人々に、猛然と襲いかかるスキンヘッドの男たち。その中の1人、ブライオン・“バブス”・ワイドナー(ジェイミー・ベル)は、十代で親に見捨てられ、白人至上主義者グループを主宰するクレーガー(ビル・キャンプ)とシャリーン(ヴェラ・ファーミガ)の下で、実の子のように育てられた。筋金入りの差別主義者に成長したブライオンは、今やグループの幹部として活躍。タトゥーショップで働く彼の体には、鍵十字など、差別的なメッセージを込めた無数のタトゥーが刻まれていた。だが、3人の幼い娘を育てるシングルマザーのジュリー(ダニエル・マクドナルド)との出会いが彼を変える。これまでの人生に迷いを感じ始めたブライオンは、グループを抜け、ジュリーと新たな生活を始めることを決意。だが、前科とタトゥーが障害となり、なかなか仕事が見つからない。さらに、彼の裏切りを許さないかつての仲間、スレイヤー(ダニエル・ヘンシュオール)たちからも日々、脅迫が続いていた。家族の安全と自らの幸福との間で悩むブライオンに、反ヘイト団体を運営するダリル・L・ジェンキンス(マイク・コルター)が、転向の手助けを申し出る。ある裕福な女性が、彼のタトゥー除去に資金を提供するというのだ。過去の自分と決別するため、ブライオンは、計25回、16カ月に及ぶタトゥー除去手術に挑むが……。

作品データ

原題
SKIN
映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
コピアポア・フィルム
上映時間
118分

[c]2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    エル・トポ

    4.0
    2020/7/25

    [ルース・エドガー]が、どんなに優秀であっても、たった一度の躓きでも許せずに人に完璧を求めた結果、その人の人生を台無しにしてしまう教師の話だった。
    これは、赦しがいかにして個人を救い、その廻りの人々も救っていくのか、という話。実話だからこその説得力がある。
    私自身も誰かを許せない事があるけれど、考えを改めた方が良いのかも。綺麗事抜きでそう思った。
    実際、画面は暴力の連続で綺麗事の入る隙間なんかありはしない。これが現実なんだろう。だからこそ赦す事の難しさがリアルに迫ってくる。
    2019年にオスカー受賞の短編も併映されたが、これが今回の作品に繋がったのが良くわかった。通常の料金で併映してくれた映画館に感謝。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/7/22

    白人至上主義者の過激グループ。怖いです。グリーンルーム思い出す。
    仲間でも容赦ない。
    そんな彼らを救い続けているダリルが兎に角すごい。
    抜け出したい・・と思った時の駆け込み寺的存在なんだね。

    仲間の恐ろしさを知っていて、それでも抜け出したい・・守りたいと思ったのは、子どもたちを守る力強いシングルマザーの母性に惹かれたのかなぁ‥
    持って無かった家族愛。
    最後まで、子ども優先の、彼女の強さも格好良かった。

    タトゥー除去手術が兎に角痛そうで、お顔に入れちゃあいけないな~と思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    3.0
    2020/7/9

    短編は、星4つ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2020/7/4

    実話もの。
    いやー、こわいこわい。
    暴力を繰り返す白人至上主義のカルト差別主義者(レイシスト)集団の共同創設者の男が、自らの犯したことに後悔と罪悪感を抱き、愛する人に出会ったことを機に普通の暮らしがしたくて脱会を企むのだが。
    それを許さないと、脱走先の別の州まで追いかけてきて、脅迫、暴力、銃撃を繰り返すかつての仲間たち。
    シーンのほとんど全てが暴力。
    カルトがどうやって新規加入者を勧誘して取り込むのかの手口まで紹介し、卑劣な存在であることを浮き彫りにしていく。
    観てるだけで痛くてつらかったし、いかにカルトから脱会するのが難しいかを示していた点でも、(面白いかは別にして)有意義な作品だと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2020/4/26

    本作が特筆すべきなのは、ネオナチ集団が新メンバーを加入させる経緯を見せている点。貧困ゆえに生活苦で学校にも行けない少年少女たちをスカウトして、“構成員”にしていく。だから、差別主義からではなく、生きていくためにネオナチをやっているという者も存在していることが明かされる。
    それゆえに、彼らは必ずしも一枚岩ではない。彼らの間にもヘイトが存在する。
    そうした上辺だけのファミリーではなく、真のファミリーを求めてネオナチを脱会しようとする主人公ブライオン。
    顔に刻まれたタトゥーはヘイトの象徴であると同時に、不安を隠すためのペルソナ(仮面)。ネオナチとして犯してきた罪を痛悔すべく、そのペルソナを痛みを伴いながら剥がし、彼はパーソン(人間)となったのだ。
    やはりネオナチを脱会した人物をモデルに描いた、『アメリカン・ヒストリーX』と併せて観てほしい。

    ブライオン役のジェイミー・ベルは、もう「『リトル・ダンサー』の子役」という紹介が不要なほど、順調なキャリアを重ねている印象。

    違反報告