パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」』
パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」
パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」

パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」

2020年6月26日公開,110分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パリ・オペラ座バレエ団による公演の映像をスクリーンで上映するシリーズの1本。前芸術監督のバンジャマン・ミルピエが、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンとジェローム・ロビンズに捧げた作品で、それぞれの振付による3演目で構成されている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」ミルピエがパリ・オペラ座のために振り付け、ドキュメンタリー映画「ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男」でその創作過程が細かく取り上げられている作品。気鋭の作曲家ニコ・マーリーに音楽を委嘱し、ミルピエとマーリーによるコラボレーションの5作品目に当たり、当時まだスジェだったレオノール・ボラック、ユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーヴェなどの若手ダンサーを多く起用している。「作品19/ザ・ドリーマー」ジェローム・ロビンズがミハイル・バリシニコフのために振り付けた演目で、若い男性と空想のパートナーとの白昼夢をイメージした、2人のエトワールによるヴァリエーション。「テーマとヴァリエーション」ジョージ・バランシンによるクラシカルな作品で、1947年にアメリカン・バレエ・シアターで初演された。チャイコフスキーの音楽に合わせて、パリ・オペラ座バレエの誇るダンサーたちが高度なテクニックを披露する。

作品データ

製作年
2015年
製作国
フランス
配給
カルチャヴィル
上映時間
110分

[c]Paris Opera Ballet [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?