ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「黄金時代」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「黄金時代」』
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「黄金時代」
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「黄金時代」
-

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019「黄金時代」

2019年10月23日公開、140分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロシアの名門“ボリショイ・バレエ団”の公演をBunkamuraル・シネマで上映するシリーズの2018-19年版。ショスタコーヴィチの音楽に乗せ、酒場の美しい踊り子、彼女に一目惚れした若い漁師、ギャングの親玉が入り乱れた人間模様を繰り広げる。

ストーリー

1920年代。若い女性リタ(ニーナ・カプツォーワ)に一目惚れした漁師のボリス(ルスラン・スクヴォルツォフ)は、その後を尾行し、彼女が毎晩雑多な人の集まる酒場・黄金時代の美しい踊り子“マドモアゼル・マーゴ”であることを知る。だが、ギャングの親玉ヤーシュカ(ミハイル・ロブーヒン)もまた、リタに目をつけており……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2019年
製作国
ロシア
配給
ライブ・ビューイング・ジャパン
初公開日
2019年10月23日
上映時間
140分


[c]キネマ旬報社