望み|MOVIE WALKER PRESS
MENU

望み

2020年10月9日公開,108分
  • 上映館を探す

「検察側の罪人」の雫井脩介の同名小説を堤幸彦が実写化したサスペンス。穏やかな生活を送っていた一家の日常が一変していく様を描く。ある日姿を消した息子に殺人容疑をかけられた家族は、マスコミや警察から追い詰められながらも息子を守ろうと立ち向かうが、しだいに家族内で衝突が生まれていく。父の一登役を堤真一、母の貴代美役を石田ゆり子が演じるほか、中学生の娘・雅役に清原果耶、キーマンとなる息子・規士を岡田健史が務める。

『望み』公開記念スペシャルサイト「#それぞれの望み」

『望み』公開記念スペシャルサイト「#それぞれの望み」 PR

「犯人でも息子に生きていてほしい」。「被害者でも息子の無実を信じたい」――。引き裂かれそうな家族の“望み”。堤真一×石田ゆり子×堤幸彦が贈るサスペンス・エンタテインメント『望み』。この映画を観て集まったユーザーの感想や、あわせて観たい関連作品、記事をイッキ読みできます。

予告編・関連動画

望み

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一級建築士の石川一登と校正者である妻の貴代美は、二人の子どもたちと裕福で穏やかな生活を送っていた。そんなある日、高校生の息子・規士が無断外泊をしたまま姿を消し、その日に同級生が何者かによって殺害される事件が発生。警察が、規士が事件に関与している可能性があるとして調査を進めていくなか、犯人でも息子に生きていてほしい貴代美と、被害者でも息子の無実を信じたい一登ら家族の思いが交錯していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
108分

[c]2020「望み」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.9
  • Movie Walkerユーザー

    4
    2020/10/15

    母親は同じ女性として共感できるとはいえ、せりふの随所に女ならではのどろどろした思いが溢れていてうげ~ってなりましたがその分、父親がバランスよく子供二人に寄り添っていて救われました。
    もし兄が犯人だったらこれからの人生は地獄、でも死んでいたらそのことは無念だけれども息子は悪いことをしなかったという救いで家族は悲しみとともに生きていけると思いました。主人公一家へのいやがらせがリアルで昨今のSNS中傷とあわせて悲しくなりました。ドラマの中の家族ですが感情移入できて、3人で仲良く暮らしてほしいと泣きながら思いました。松田翔太さん雑誌記者の存在が地味に素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • barney

    4
    2020/9/30


    息子は加害者なのか?被害者なのか?
    普通、親は子供を信じるべきじゃないのか!? 特に母親は...............
    なのにこのお母さんは..................お母さんの思いに共感できず。
    でも加害者だと生きていて、被害者だと殺されているかもっていうのは、なんとも切ない。
    娘もかわいそうだった。
    最後は涙した。
    邦画はあまり.......だけど、思いのほかよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • hunnwarigohann

    5
    2020/9/28

    家族持ちの鑑賞者には泣けるストーリで、監督の意図が的中したとても素晴らしい作品と思いました。が、なぜ死んだのか?なぜ死ぬ必要があったのか?なぜ事件に巻き込まれたのか?原作を読まないと、本作品では刑事からの説明だけではかなりの展開の速さで理解が付いて来れない状況になりました。2度観が必要な作品でしたね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告