わたしはダフネ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

わたしはダフネ

2021年7月3日公開,94分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年の第69回ベルリン国際映画祭でパノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞した作品。ダウン症だが、明るく快活な性格の女性ダフネは、スーパーで働きながら、両親と共に平穏な日々を送っていた。ところが、母が亡くなったことで、彼女の生活は一変する。主人公ダフネを演じるのは、演技未経験ながら、facebook上で監督のフェデリコ・ボンディに見出されたカロリーナ・ラスパンティ。

予告編・関連動画

わたしはダフネ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ダフネ(カロリーナ・ラスパンティ)は快活で明るいダウン症の女性。スーパーで働きながら、母マリア、父ルイジと平穏な生活を送っていた。しかし突然、マリアが亡くなり、生活が一変。年老いたルイジは、自分が死んだら娘が独り残される、という不安に苛まれ、ふさぎ込んでしまう。そんなある日、ダフネは“母の生まれた村を訪れてみよう”と父に提案。その旅は、愛する人の死を乗り越え、お互いを理解し合うための、かけがえのないものとなっていく……。

作品データ

原題
DAFNE
製作年
2019年
製作国
イタリア
配給
ザジフィルムズ
上映時間
94分

[c]2019, Vivo film - tutti i diritti riservati [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2ヶ月前

    突然の母親の死。残されたのは年老いた父とダウン症の娘。父娘の間でヒステリックに物語が進むのでは?!と思いきや...。イタリアの田舎の風景とも溶け込みながら、娘の発する言葉や行動に父親だけでなく、作品を観ている我々も励まされ...そして父親が見せてくれた表情がたまらなく素敵だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とし

    3.0
    2ヶ月前

    2021年6月20日
    映画 #わたしはダフネ (2019年伊)鑑賞

    @cinema_cafe さんの試写会です

    母を亡くしたダウン症の女性が父と2人で悲しみを乗り越えていくお話

    ダウン症の方が主演されていますが、自然な演技と周りを幸せにする言動は見ていて心が和みます

    強くて優しい主人公に引き込まれていきました

    違反報告