君は永遠にそいつらより若い|MOVIE WALKER PRESS
MENU

君は永遠にそいつらより若い

2021年9月17日公開,118分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川賞作家・津村記久子のデビュー小説を「あかぼし」の吉野竜平監督・脚本、佐久間由衣、奈緒共演で映画化。大学生のホリガイが、卒業前の何気ない日常の中で、暴力や児童虐待、ネグレクトなどの社会の闇と、痛みや哀しみに直面し、人生を見つめる物語。「“隠れビッチ”やってました。」から2作目の主演作に挑んだ佐久間由衣が、悩みが多いわけでもないが、何かが自分に欠けていると感じている、大らかでとぼけたホリガイを味わい深く演じている。ホリガイの大学の1年後輩で、過去に痛ましい経験をもつイノギ役には、「みをつくし料理帖」などで注目される奈緒。そのほか、小日向星一、笠松将、葵揚、森田想ら注目の若手俳優が共演している。特に苦労することもなく児童福祉の職業に就職が決まった主人公が、人との出会いを機に自分の人生を認識する自己確立の物語であり、また日常にひそむ悪意と向き合ったとき、人はどのように行動するのかを問われる社会派映画の側面もある。第33回東京国際映画祭の「TOKYOプレミア2020」に選出された話題作。

予告編・関連動画

君は永遠にそいつらより若い

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学卒業を間近に控え、児童福祉職への就職も決まり、手持ちぶさたな日々を送るホリガイは、身長170cmを超える22歳、処女。周りからは変わり者扱いされて、いじられても、本人はさほど自覚はない。バイトと学校と下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常をすごしている。ある日、同じ大学に通う一つ年下のイノギと知り合うが、彼女は過去に痛ましい経験をしていた。そんななか、下宿先のアパートの階下で虐待を受けていた少年をかくまっていた気の優しい友人ホミネが自殺してしまう。彼の死後、ホリガイは日常に潜んでいる「暴力」と「哀しみ」に目を向けるようになる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
日本
配給
Atemo
上映時間
118分

[c]「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?