ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち

2020年8月7日公開、102分、ドキュメンタリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

インディアンの音楽界への関わりを紐解くドキュメンタリー。リンク・レイのインスト曲『ランブル』の逸話を皮切りに、インディアンをルーツに持つミュージシャンたちがいかにポピュラー音楽に影響を与えたか、そしてなぜ歴史から抹殺されたかを明らかにする。自らも先住民の血を引く元ザ・バンドのロビー・ロバートソンやブラック・アイド・ピーズのタブーのインタビューや、ジミ・ヘンドリクス、チャーリー・パトン、バフィ・セイント・マリーらインディアン・アーティストの秘蔵映像も収録。サンダンス映画祭ワールド・シネマドキュメンタリー映画賞ほか受賞多数。

予告編・関連動画

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち

予告編

2020/6/15(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカン・インディアンのロック・ギタリストにしてシンガー=ソングライターのリンク・レイによる1958年発表のインスト曲『ランブル』は、ロックの誕生に大きな影響を及ぼしたと言われている。『ランブル』はディストーション(音の歪み)とフィードバック(アンプとギターとの共鳴によって生み出されるノイズ)を初めて用いた楽曲で、暴力行為を駆り立てるのではないかと恐れたラジオ局から、放送禁止処分にされた数少ないインストゥルメンタルのシングル盤の一つでもあった。本作はこの『ランブル』のエピソードを皮切りに、インディアン文化を禁止し、検閲し、抹消しようとする試みにも関わらず、アメリカ先住民の音楽がいかにアメリカのポピュラーミュージックに不可欠なものであるかを探求していく。デルタ・ブルーズの父チャーリー・パトン、1930年代から40年代のスウィング界でナンバーワンといわれたミルドレッド・ベイリー、カナダ生まれのフォーク・シンガー、バフィ・セイント・マリー、そしてロックに革命をもたらしたギターの鬼才、ジミ・ヘンドリクスは、皆インディアンの血を引いている。しかし、そのことについて言及されることはほとんどない。そんな彼らにまつわるエピソードを、彼らをよく知るだけでなく、共に演奏したアーティストたち、バディ・ガイ、クインシー・ジョーンズ、トニー・ベネットからイギー・ポップ、スティーヴン・タイラー、スティーヴィー・ヴァン・ザントらによって語られる。さらにはボブ・ディラン、ザ・フー、自らもインディアンをルーツに持つロビー・ロバートソン擁するザ・バンドなどのライブ映像やアーカイヴ、現在も歌い継がれる先住民たちの演奏風景も交えながら、インディアンの音楽界への関わりを多角的に解明し、失われた文化の復権を高らかに謳い上げる。

作品データ

原題
RUMBLE The Indians Who Rocked The World
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
カナダ
配給
マーメイドフィルム=コピアポア・フィルム
上映時間
102分
製作会社
Rezolution Pictures
ジャンル
ドキュメンタリー

Photo by Bruce Steinberg, Courtesy of linkwray.com [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4 /5件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?